ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

【痔瘻の手術の方法・痛み・費用】痔主の壮絶な入院生活(入院期間:約2週間)を赤裸々に綴ります!

f:id:hikarujinzai:20170810105920j:plain

※当記事は読む方によっては一部不快な内容を含んでいることを予めご了承ください。

 

2017年8月22日(後日談:費用に関して)まで更新

 

この度私は生まれて初めて入院しました。

予定では約2週間の入院期間です。

目的はこの記事にも書きましたが痔瘻の手術をするためです。

↓↓↓

www.hikarujinzai.com

 

せっかくの貴重な体験ですので、できるだけ詳細にこの2週間の記録を残したいと思っています。

手術の様子や術後の痛みや費用や入院期間等をわかりやすくご紹介していきます。

今後痔瘻の手術をする予定の方や、2週間程度入院する予定の方の参考になれば幸いです。

それでは時系列に沿って痔主の入院生活を赤裸々に綴っていきますのでこれから約2週間よろしくお願いします。

 

 

痔主の痔瘻手術入院生活

 ※クリックしていただければその日に飛びます。

 

 

 

 

初日(入院)

13:30 

入院前最後のお昼ご飯(サンマーメンと餃子)をシャバでガッツリと満喫した後いよいよ病院へ向かい入院手続き。

サンマーメン

f:id:hikarujinzai:20170809053634j:plain

餃子

f:id:hikarujinzai:20170809053538j:plain

14:00 

まず最初に麻酔科で、脊椎から注射する「脊椎麻酔」の説明を麻酔科医から受け誓約書にサイン。術中は下半身の感覚が全くなくなるとのこと。

14:30 

病室に入る。思ったより清潔で快適。ブログを書くスペースも確保。看護師から簡単に入院生活の説明を受けた後、検温と血圧の測定。飲酒はもちろんのこと外出もできないと言われ、覚悟はしていたが改めて入院生活の現実を知る。尿や便の回数も正の字で記録するように言われる。こんな入院セットも渡された。

f:id:hikarujinzai:20170809061446j:plain

15:00 

入浴。入浴(基本的にシャワー)は日々午後の時間帯に済ませるとのこと。

18:00 

最初の食事。画像は撮り忘れたが想像以上に質素でお世辞にも美味しいとは言えない。この食事が2週間続くと思うと早くもげんなり。

18:30 

看護師の検温と血圧の測定。

21:00 

毎日21:00に消灯。初日は多少疲れていたのか21時過ぎにはあっさり寝てしまっていた。

 

【初日のコメント】

入院前から飲んでいる糖尿病や痛風の薬を引き続き飲むように言われ、飲んだ薬の包装を毎回看護師に渡すように言われたのが印象的だった。入院した病院の看護師が優しそうな人が多く少し安心した。初めての入院生活初日、期待と不安の入り混じる生涯忘れることのない不思議な感覚の一日だった。

 

 

2日目(手術前日)

5:00 

起床。ブログを書いたり読書をして朝食までの時間を過ごす。

読んでいる本はこちら。面白い、おすすめ。

↓↓↓ 

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

 

8:00 

朝食。質素やね〜

f:id:hikarujinzai:20170809055245j:plain

8:30 

テレビカード(1000円)を購入してテレビで高校野球観戦。テレビは有料なんです。

f:id:hikarujinzai:20170809055143j:plain

10:00 

看護師の検温と血圧の測定。

12:00 

昼食。やっぱり地味やね〜

f:id:hikarujinzai:20170809055541j:plain

13:00 

看護師さんから座浴の説明を受ける。座浴の容器を生まれて初めて見てお尻の手術を受ける実感が湧いてくる。手術後は朝昼晩と排泄後に10分程度座浴をするように言われる。

f:id:hikarujinzai:20170809061704j:plain

15:00 

下剤の服用。紙コップに入った甘くてどろっとした液体をゆっくりと飲む。すぐに催すことはなかった。

15:30 

シャワーを浴びる。バスタオル・フェイスタオル・Tシャツ・短パンも毎日変えてくれるので快適。

18:00 

夕食。これが確か手術前最後の食事となる。水分は手術当日の朝7時まで可能とのこと。ただし水・お茶・経口補水液・スポーツドリンクのみ。

f:id:hikarujinzai:20170809055419j:plain

18:30 

看護師の検温と血圧の測定。明日の手術を前にして緊張して寝られない場合は睡眠導入剤もあると言われた。

19:00 

食後下剤が効いたのか水のような便が出る。手術が近づいていることを実感。

21:00 

消灯、就寝。明日はいよいよ痔瘻の手術です。

 

【2日目のコメント】

基本的に初日・2日目はやることがあまりなく、寝ているか食べているか高校野球を観ているか読書をしているかブログを書いているかで1日を過ごす。こんなに何もやらない時間は過ごすのは何年ぶりだろうか。神様が与えてくれた休養だと思って今はゆっくりと心身ともに休むしかないのだろう。ただ娘たちに無性に会いたくなるのが少し辛い。

 

 

3日目(手術日)

5:00

起床。6階の病室から見下ろすシャバは快晴。その青空を見ながらこの入院生活ブログを書いている。今日はいよいよ手術。意外にも恐怖感や緊張感は今のところない。確か今日一日は食事を摂れないはずだが早くもお腹が空いてきた。こんなので大丈夫だろうか...

 

7:30

看護師の検温と血圧測定、そしていよいよ浣腸。液体をお尻に入れて15分程度我慢するように言われたが、全く我慢できずすぐにトイレに直行。トイレに座って我慢するも5分も持たず。これで問題ないのか少し不安になる。

 

9:00

手術担当の看護師から手術前後の注意事項の説明を受ける。

・アレルギーはないか

・今痛いところはないか

・メガネやコンタクトやアクセサリーははずしておくように

・患部を清潔に保つために術後に尿用に管を入れるということ

・その管が結構違和感があると思うが我慢するように

みたいなことを説明された。手術は13:30スタート予定。未知との遭遇はもう目の前である。

 

10:00

点滴がスタート。術後6時間経過するまで水分を摂れないのでそれを補う為とのこと。他にもいくつか理由を伝えられたが覚えられなかった。手術の順番がまわってくるまで約5時間病室でこの点滴を打ちながら待機。かなり押しているらしい。この時お腹はペコペコ。明日の朝食まで何も食べられないのだが我慢できるのか不安。早く退院して焼肉を爆食したい。そんなことばかり考えてしまう。とにかく早くオペして欲しい。まな板の鯉とはこういう事を言うのだろう。

 

15:00

いよいよ手術室に呼ばれる。行きは自ら歩いて向かう。服装は浴衣みたいなのとT字帯(フンドシ)。フンドシを生まれた初めてつけた。付け方がわからなかったので家内がググってくれなんとか付ける。手術室はTVドラマでよく見る風景。執刀医、麻酔医、看護師が6〜7名いてその多さに少し驚いた。数名に自己紹介と「今日はよろしくお願いします」と言われ、逆に私の名前と生年月日を尋ねられた。もう本番待った無しである。主治医の笑顔を見て随分安心した。いい先生である。

 

15:15

手術台に寝かされて先ずは麻酔から。体育座りのように膝を抱え麻酔科医に背中を向ける。局所麻酔の注射針が最初にチクっと入り、後はおそらくどんどん何本か注射されているのだと思うが、押されている感じは多少あるがほとんど痛みは感じない。下半身がすぐに熱くなり、どんどん麻酔が効いてくる。麻酔が効いてしまうと当たり前だが下半身は全くコントロール不能となり動けない。寝返りを打つのも一苦労で看護師が3人係りでうつ伏せにしてくれる。そして多分着衣もT字帯も脱がされ、お尻を大開きにさせられ、執刀医の登場を待つことになる。下半身の感覚は不思議なほど何もなく、上半身のみ宙に浮いているような気分。

 

15:30

少し待って執刀医が手術室に入室。最初に挨拶をされ簡単に手術の説明をされる。結論から先に言うと、約15分間全く何をやられていたのかわからなかった。無論痛みも皆無。ただレーザーメスのジリジリという音と皮膚が焼ける匂いだけが漂う。結果的に痛みは麻酔科医の最初の注射のチクッだけだった。呆気なくオペが終了し、執刀医から何々やったか簡単に説明される。その後引き続き何の感覚もないまま尿道に管を入れられ病室に戻される。痛みが全くなかったのは嬉しかったが、麻酔が切れてくるのが恐怖。2時間経過後から徐々に感覚が戻って来るとのこと。おそらく激痛を伴って...

 

21:00

病室に戻った直後から点滴スタート。食事は前日の18時から、水は今朝からまったく摂っていないが意外にもあまり欲しくない。徐々に下半身の感覚が戻って来る。なんとなく患部が痛み始めるが、痛み止めが効いているのか痔瘻に最初になった時の激痛の半分ぐらいのレベル。尿管の違和感もほとんど感じない。ただ体を自由に動かすのが怖いので、固いベッドに長時間同じ体勢で寝ていると腰が痛くなる。尿も便も出る気配なし。22時過ぎに水分を取っても良いと許可されたが尿が出るのも怖いし、あまり喉も乾かないのでウーロン茶を少しだけ口に含んだ。明日尿管が外されるそうなので、その後で水分は摂ろうと思う。患部と腰に痛みを多少感じながら、寝ては目が覚めるの繰り返しで時間を過ごす。明日の朝食から食事がスタートするが、嬉しい反面、便を出すのが怖い。

 

【3日目のコメント】

聞いてはいたが手術があっという間に終わったのにびっくりした。時間も短いし痛みも皆無だったので楽だった。でも下半身麻酔なので意識はしっかりしていたので、オペ中は不思議な感覚だった。宙に浮いているような感覚の中、レーザーメスの音と焦げた匂いだけが記憶に焼き付いている。

 

4日目(手術翌日)

7:30

5時位に目が覚めラジオを聴きながらベットの中でウツラウツラ。看護師が来て朝の検温と血圧。このとき手術前から続いていた点滴が終了する。痛みは多少あり。ズキズキと言うよりは重い感じで鉄アレイを肛門に釣っているよう。尿管も抜いてくれた。これが結構痛かった。付けているときの違和感はほぼ無かった。お尻は手術室で付けてもらったオシメがまだ付いている。看護師にちゃんと歩けるかどうか歩いてみるように言われ歩いてみたが問題なし。トイレまで歩いて行ったが尿は出なかった。

 

8:00

いよいよ38時間ぶりの食事。不思議とお腹は空いていなかったが全部食べた。まだオシメ状態なので便が不安。それにしても粗食やね〜今日もまた何事も無かったように高校野球が始まった。

f:id:hikarujinzai:20170810105625j:plain

 

9:00

看護師が薬を3種類持ってきた。痛み止めとか化膿止めとからしい。今日から三食後に飲むようにのこと。

 

10:00

医師の回診がありオシメと患部のガーゼを抜いてくれた。もうこれでトイレにも行ける。傷口も問題ないとのことで一安心。

 

12:00

術後2回目の食事。なんとなく品数が増えたような気がする。完食したが食後も便意を催さない。排便後には座浴もやらなければならない。一度トイレに行くまで何となく落ち着かない。

f:id:hikarujinzai:20170810124327j:plain

 

14:30

術後初めてのシャワーを浴びる。患部に泡をつけて洗っても沁みる感じもなくさっぱりした。まだ座浴は体験していないが、座浴もなんとなく大丈夫な気がしてきた。引き続き高校野球観戦で大部分の時間を過ごす。

 

18:00

いつもの通り18時に夕食。 久々にお肉が出てきた。なんとなく豪華になってきたような気がする。完食したがトイレに行きたくならない。今の最大の関心事は「大」がどんな感じになるかなのだが、幸か不幸か便意を催さない。今日の夜には来るよな絶対。

f:id:hikarujinzai:20170810191020j:plain

 

 21:00

食後特にやることもなく読書をして時間を潰す。トイレにも行かずいつの間にか眠っていた。我ながらよく寝ると驚いている。

 

【4日目のコメント】

今日はトイレに翻弄された一日だった。結局今日も術後最初の「大」は出なかった。ちょっと便秘気味になってきているのだろうか。三食完食しているのでそろそろ出さないとやばい気がしてきた。傷口の痛みは随分と楽になったが、肛門方面に力を入れるとまだちゃんと痛い。硬いものを出すとなるとかなりしんどいに違いない。明日の朝は頑張って出してみよう。そして座浴にもチャレンジしてみるつもりだ。

 

 

5日目(手術2日後)

7:00

今日も5:00くらいに目が覚めラジオを聴きながらブログを打っていた。看護師が来てそろそろ便が出ないと良くないので歩き回って胃を動かしたりしてみてください、それでダメなら下剤出します、と言われた。ちょっとお腹が張って来たような気がする。さすがにヤバイと思いパックの牛乳を飲んでみた。すると1時間ほどでガスが何発か出始めた。ほどなくしてやっと便意を催したのでトイレに向かった。座るとすぐに柔らかいものが少しだけ出た。さすがに患部が痛んだのでそれ以上は頑張れそうもなくここで断念。無論トイレットペーパーでは痛くて拭けないので座浴の容器登場。下記のように便座にセットし、お湯を入れて、エアー管を繋ぎブクブクと。これは超気持ち良かった。患部も清潔になりスッキリ。座浴が楽しみになりそうな気配。とりあえず術後初めての「大」終了!

f:id:hikarujinzai:20170811073229j:plain

 

8:00

いつもの朝食。さすがに病院食に飽きてきた。焼肉食いて〜!早く退院したい。患部の痛みも随分と鎮まり安静にしているときはほぼ感じなくなった。食後トイレに行きたくなったので座浴とともに済ませる。さすがに便が出るときはまだ痛い。医師の回診があり傷口を診てくれたがキレイとのこと。今のところ順調。

f:id:hikarujinzai:20170811111359j:plain

 

12:00

いつもの通りのお昼ご飯。チキンステーキだった。美味しかったけど流石になんとなく物足りない。妻に今度来るときに梅干しとなめたけの佃煮とちょっとしたおやつを買ってきてくれるように頼んだ。看護師の許可はもらってないが大丈夫だろうか?消化の良さそうなものであれば大丈夫なことにしよう。お酒もそろそろ飲みたくなってきた。冷たいハイボール、カモン!

f:id:hikarujinzai:20170811162202j:plain

 

16:00

いつものようにシャワーを浴びた。明日からはブクブクのお風呂に入るように看護師に言われた。シャワーを患部に直接当てるよりブクブクのお風呂の方が刺激が少ないのだそうだ。それはそれで楽しみ。動かなければ患部の痛みはほぼ感じない。早く退院したくなってきた。あと一週間以上の予定だがそんなにも必要なのだろうか?

 

18:00

お約束の夕食。オムレツではなく魚のピカタ。さっき妻が買って来てくれた梅干しとなめたけの佃煮もオンザライス。ああ梅干しまいう〜。痛みもほとんどなく、入院生活にも飽きてきた。高校野球は面白いけど18時過ぎには終わってしまう。あとはブログか読書かラジオ。ラジオ聴くならradikoがおすすめ。昼間聴き逃した番組が聴けるのがうれしい...

f:id:hikarujinzai:20170811192658j:plain

 

梅干しとなめたけの佃煮

f:id:hikarujinzai:20170811192800j:plain

 

【5日目のコメント】

術後2日目となり患部の痛みもずいぶん楽になった。まだあぐらをかいて座ると痛いが正座なら問題ないし、歩いてもほぼ痛まない。排便時はさすがに辛いが我慢できないほどではない。逆に痛みが退けば退くほど食欲も積極的になるし、入院生活が退屈に感じる。病院食にも飽きてきたのでシャバの食材を差し入れてもらった。お酒を飲まないせいか定期的な血圧の測定も上120台、下70台で推移している。入院直前は150台の100台だったので驚くべき改善である。明日からは残りの入院生活をいかに充実させるかに尽きるような気がしている。

 

 

6日目(手術3日後)

8:00

いつもの通りの朝食。妻に下の画像をラインしたら少ないね〜って驚かれた。うちの食事はちょっと多過ぎるのかもって心配してたけど、こんなメニューが一生続くのであれば生きている価値がないような気がする。そんな考えだから痔瘻になってしまうのだろうが悔いはない。今日はちょっと患部がヒリヒリする。治っていく過程で仕方のないことなのだろうがちょっと辛い。あと少々便秘気味なので売店で乳製品を仕入れてきた。いくつか食べて便意を待つ。

f:id:hikarujinzai:20170812092718j:plain

 

乳製品

f:id:hikarujinzai:20170812092503j:plain

 

12:00

朝食後牛乳とジョアを飲んだらあっという間にトイレに行きたくなりトライ。まだきばると痛くて涙が出る。まあこればっかりは仕方ないか。ランチはうどんだった。コシとは無縁の麺を頰張る。丸亀製麺が恋しい。午後は初めてのジェットバスのお風呂に入る予定、何気に楽しみ。

f:id:hikarujinzai:20170812154518j:plain

 

14:00

術後初めてお湯に浸かった。やはりお風呂は気持ち良い、最高だ。しかもジェットバスというかバブルがブクブクとなってるやつだ。看護師曰く、シャワーよりもお尻に優しいらしい。今日から毎日このお風呂に浸かれるのかと思うとちょっと心が弾む。今後の単調な入院生活のささやかな楽しみになりそうだ。

 

16:00

今日は酒友の先輩や姉夫婦がお見舞いに来てくれた。どちらも一時間以上いてくれ、あーだこーだ話せて良い気分転換になった。早くこの人たちとシャバで思いっきり酒を酌み交わしたいと改めて感じたそんな午後だった。みなさんありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。m(_ _)m

 

19:00

夕食はハンバーグにサラダだった。まるでファミレスのようなメニューにちょっと苦笑いしてしまった。こんなお子様メニューもここではご馳走、あっさり完食。自宅だと晩酌しながら1時間ほど食卓に座っているが、今は10分ほどで食事が呆気なく終わってしまう。空腹を満たしているだけと言っても良いかもしれない。冷静に考えるとこれはちょっと寂しいデス。食事の時間が短くなるということも入院生活の特徴のひとつかもしれない。食後看護師が「ちょっと楽になるかも」と下剤を2錠出してくれたので飲んだ。明日の朝は快便といきますか...?

f:id:hikarujinzai:20170812210746j:plain

 

【6日目のコメント】

今日のコメントと言うわけでもないが、改めて健康の大切さを感じる一日だった。病院食と我が家の食事のギャップを妻の言葉で意識したこと、友人や家族がお見舞いに来てくれて気持ち良く喋ったこと、健康を取り戻す直前までなんとか回復してきたことなどがミックスされてそう感じたのかもしれない。最近再三口にしているような気がするが早く退院したい、いい加減帰宅したい、我が家の食卓でメシを食いたい、ハイボールをカラカラと掻き回したいとしみじみ感じさせられた一日だった。

 

 

7日目(手術4日後)

6:00

いつものように5時頃目が覚めてブログをインプットする。昨日の下剤が効いているような気配はない。ダメ押しで食べるヨーグルトと飲むヨーグルトを流し込んだ。そうすると10分くらいで便意。そそくさとトイレに向かう。便座に座ってしばらく頑張ったが出てきてくれそうもない。結構固くなってしまっている感じ。痛みと闘い頑張っていると激痛とともにそこそこの大きさのモノが一気に出た。同時に「あぎゃー」という声が思わず出てしまった。出血もしている。少し怖くなってきたが気を取り直して座浴。10分ほどブクブクやってると少し落ち着いてきた。それにしても出る瞬間は痛くて怖かった。ふりだしに戻ったうような気分。痔瘻手術第二幕は間違いなく「排便」との闘いになりそうなムードだ。

 

8:00

今日の朝食は珍しくパンだった。食べれば当然出るので恐怖心はあるのだが食欲は旺盛なので完食。バナナやジョアで便を柔らかくすることも忘れずに...

f:id:hikarujinzai:20170813112422j:plain

 

12:00

今日のお昼ご飯はチキンソテー。病院食に飽きてきた。先ほど看護師が見てくれたのだが傷口が少し腫れているらしい。ヒリヒリしてます。

f:id:hikarujinzai:20170813124244j:plain

 

14:00

お風呂最高!この泡が患部を優しく癒してくれる。最近ちょっとまた傷口が痛むがお風呂に浸かってブクブクやっている間は痛みをほとんど感じない。できれば一日3回くらい入りたいものだ。今のほぼ唯一の楽しみは間違いなくこのお風呂です。

f:id:hikarujinzai:20170813193226j:plain

 

18:00

なんかご飯とお風呂とトイレの話しかしていないみたいだが入院生活ってそんなもの、はいこれが今日の夕食、煮魚。味はご想像にお任せしますが基本的に全部薄味。あ〜しょっぱい物、濃い味のもの食いて〜〜!こりゃ血圧も下がるわな...酒も飲んでないし。なんか愚痴っぽくなってきたので今日は終了。

f:id:hikarujinzai:20170813210451j:plain

 

 

【7日目のコメント】

痛みがちょっとぶり返していて辛いが、それくらいの方が入院生活にスリルが有って良いのかもしれない。変な言い方だが回復すればするほど、痛みが無くなれば無くなるほどシャバに出たくなってしまうが、多少なりとも痛むと入院していることにありがたみを感じる。トイレは脂汗が出るほど痛いが退屈しのぎにはなってくれる。変な話だが何を言いたいのかは入院すれば解ります。明日から何して過ごそうか?高校野球は二回戦に入りますます面白くなってくる。甲子園の記事でもまた書くかな...

 

 

8日目(手術5日後)

8:00

毎度毎度の朝ごはん、相変わらず薄味。この一週間で食べる量はちょっと減ったような気がする。それほど多くない量の食事を夜の18時に食べて以降、朝まで余裕で我慢できる。今までだったらちょっと考えられない。入院生活はなるほど健康には良いとは思うが、煩悩がほぼ排除されているので生きてる実感がない。人間としてのバイタリティみたいなものが日に日にスポイルされているような気がする。最近暗いことばかり書いてしまうがこれが入院シンドロームってものなのだろうか?

f:id:hikarujinzai:20170814091659j:plain

 

12:00

今日のランチはカレー風味のサーモンだった。でもそのカレー風味が薄過ぎて笑ってしまった。ああなんかコッテリしたものを生ビールでグイッと流し込みたい。今一番食べたいものベストスリーは①焼肉のハラミ②王将の餃子③やきとんのかしら。 退院した日にどれか絶対に食べてやる。店ももう心の中では決まっている。あと何日後だろう…

f:id:hikarujinzai:20170814145927j:plain

 

14:30

入院生活の唯一の快楽の時間、お風呂タイム。今日入院以来一週間ぶりに髭を剃った。髭をこんなに剃らなかったのは何十年ぶりだろうか?いや始めてだろう。だってあんな長い髭が自分の顔にはえてるの今まで見たことないもん。カミソリは看護師に出してもらったがなんと要返却。安全面の配慮からなのか、管理が厳しいのね。

f:id:hikarujinzai:20170814150426j:plain

 

18:00

晩ご飯です。特にコメントはないが、術後三食決まってご飯(パンとうどんが一回づつあった)をどんぶりでしっかり食べてるけど大丈夫なんだろうか?糖質取り過ぎにならないのかちょっと心配だけど、患者の私が心配することではないか。入院前糖質制限を必死にやってたのは一体なんだったんだろう...

f:id:hikarujinzai:20170814203831j:plain

 

【8日目のコメント】

ちょっと入院日記らしいことを書くと、下のガーゼをオペ以来ずっと患部に挟んでいるのだが(もちろんガーゼはちょいちょい変えている)この1週間ずっと薄い赤色の液体が染みている。出血ではないのだが、体からなんらかの液体が出てるのは間違いない。量も減っているような気がしない。毎日医師も看護師も傷口を診て問題ないと言ってくれるのでそんなものなのだろうが、なかなか治り辛い場所なんだと改めて痛感する。

f:id:hikarujinzai:20170814204648j:plain

 

 

9日目(手術6日後)

8:00

いつもの通り何の変哲も無い朝ごはん。痛みは横になっている分にはほとんど感じないが、トイレは引き続き超辛い。このまま日常生活に戻ったらどうなっちゃうんだろう。来週には普通にトイレに行けるようになっているのか少し不安。昨日下剤を飲んだこともあって食前と食後に排便、あ〜キツかった。毎朝この行事が憂鬱。

f:id:hikarujinzai:20170815130200j:plain

 

12:00

今日の昼食、あまり動きがなく食事の紹介してるだけになってきて恐縮です。痛みは変わりなし。

f:id:hikarujinzai:20170815130650j:plain

 

ちょっとネタ的に、毎日こんなカードに尿と便と食べた量を記入して提出。きっちり管理されてます、参考まで。

f:id:hikarujinzai:20170815131008j:plain

 

14:30

いつものようにブクブクのお風呂に浸かった後、術後初めて執刀医の診察があった。モニターで傷口を映してみせてくれたが、赤くなっている以外はほぼどうなっているか確認できなかった。出口から親指分くらい傷が体内に走っているそうだ。私の場合傷口は2箇所あるらしい。今日くらいから糸が溶け始めるので出血の危険性あり、要安静と言われた。退院はそのリスクの可能性が下がる日曜日予定とも言われた。それにしても今回良い先生に当たった。この方だったからこ今日まで無事やってこれたような気がする。感謝、感謝。

 

16:00

母親がらっきょうを持って来てくれた。食事に飽き飽きしているので嬉しかった。便通を良くするように毎晩就寝前に牛乳を飲むように言われた。幾つになっても親は親だなあと感じた。

f:id:hikarujinzai:20170816024948j:plain

 

18:00

今日の夕食はなんか異常におかずが多かったが、この波は一体なんなんだろう?火曜日は栄養をたくさん摂る日?とツッコミを入れたくなった。母親が持って来たらっきょうも美味しく食べた。らっきょうのニオイが部屋中に充満したのではないかと少々気を遣う。ラベルにもあるがシャキシャキの歯応えが堪らない。

f:id:hikarujinzai:20170816030124j:plain

 

【9日目のコメント】

入院9日目は主治医の診察が何と言っても一番の出来事。今日以降日曜くらいまでの間が出血のリスクが一番高いと聞いて少し身が引き締まった。今週まで仕事を休むことになりそう、明日一度会社に連絡しておいた方が良さそうだ。あと日曜日どこで退院祝い(飲み会)するかそろそろ考えないと、でももうお酒飲めるのかなあ...

甘いものが欲しくなるので、妻に頼んでおいたおやつを今日折角買って来たくれたのに渡すのを忘れて自宅に持ち帰ってしまったらしい。明日再度持って来てくれるとのこと、これには笑った。

f:id:hikarujinzai:20170816031319j:plain

 

10日目(手術7日後)

8:00

今日の朝食は食パン。ミートボールを挟んで食べたらハンバーガーみたいな味になった。昨日妻が味付け海苔を差し入れてくれたのだが出番なし。症状はほぼ変わりなし。排便時以外は痛まない。

f:id:hikarujinzai:20170816155815j:plain

 

12:00

昼食が何故かお重に入っていた。メロンも付いていて何か特別な日なのだろうか?味はいたって普通です。

f:id:hikarujinzai:20170816160050j:plain

 

14:30

お楽しみのジェットバスのお風呂。昨日までは風呂場でしゃがむと痛かったけど、今日あたりからしゃがんでもピリッと来なくなった。少しづつ良化しているのをなんとなく実感した瞬間だった。でも今日あたりから糸が溶け始めるので出血に注意するように医師から言われているので注意しなければならない。昨日から隣の病室に入ってきたおじいちゃんが独り言が多くて気になってしまう。入院あるある。

昨日あたりからリリー・フランキーにハマっている。Amazonプライムで無料で観ることができる映画やドラマを観まくっている。この人、いい味出すわ〜近々記事にします。

 

 

11日目(手術8日後)

8:00

この入院生活、泣いても笑ってもあと3泊4日。あっという間といえばあっという間だった。ここの病院は外出禁止なので、この10日間病院外に出たのは歩いて3分ほどのコンビニだけだった。ATMにお金をおろしに行っただけなのだが、もし病院内にATMがあったらそれすら行かなかっただろう。その外出にも届け出が必要で、医師のサインが必要だった。入院するって大変なことなのね。一生に一度あるかないかのことだろうが、実に貴重な経験になった。これが今日の朝食。

f:id:hikarujinzai:20170817084603j:plain

 

12:00

お昼は妻が持ってきてくれた味付け海苔に頑張ってもらった。こんな食事もあと8食。看護師にお酒はいつ頃から飲んで良いいのか尋ねたら、退院直後も少しくらいなら飲んでも構わないが、しっかり飲むのは退院して一週間以上経ってからと言われた。退院する日に「飲み放題」で気が済むまで飲もうかと企んでいたが、あまり無茶しない方が良さそうだ。

f:id:hikarujinzai:20170817131111j:plain

 

味付け海苔

f:id:hikarujinzai:20170817131147j:plain

 

14:00

お風呂が終わって通常であればこれからお昼寝、でもそろそろ普通の生活リズムに直さないと来週からキツくなりそう。看護師にお尻に挟んでいるガーゼはどれくらいからやらなくて済むのか?(患部から液体が出なくなるのか?)と尋ねたところ、個人差はあるが退院後も一週間くらいは必要かもしれないと言われた。こりゃ想像以上に面倒臭い。

お互い様なので別に腹は立たないのだけれど、隣の年配の方が大きないびきをかいて寝ている。いびき、寝言、おなら、ゲップ、くしゃみ、独り言のフルコース。独り言ベストスリーは「よっこらせ」「ふぅ〜」「よいしょ」、もしかして私も同じようなものなのだろうか…

 

18:00

この夕食も今日を入れてあと3回、ゴールが見えてきた。メニューはブリ大根だけど味付けは塩味なのか?薄いわ〜〜〜今日は妻が買ってきてくれたふりかけに活躍してもらって事なきを得た、ありがたい。

f:id:hikarujinzai:20170817200529j:plain

 

セブンのふりかけ

f:id:hikarujinzai:20170817200833j:plain

 

明太子

f:id:hikarujinzai:20170817200938j:plain

 

美味しかった!

f:id:hikarujinzai:20170817201045j:plain

 

【11日目のコメント】

この入院生活もあと残り3泊4日、ゴールはもう目の前だ。入院後の日常生活に多少不安はあるが、順調に痛みも弱まってきているのでなんとかなるだろう。以前少し触れたような気もするが、ここでは毎食後飲んだ薬の殻を捨てずに箱に入れておいて、それを看護師が回収する。ちゃんと忘れずに飲んだか病院が管理してくれている訳だ。そんな管理下の生活も傷口の痛みとともにもうすぐ終わる。

f:id:hikarujinzai:20170817201607j:plain

 

 

12日目(手術9日後)

8:00

いつもの通りの朝食。切干大根があまりにも塩分控えめなので、さっき売店でぬれ煎餅買ってきた。ふにゃふにゃの柔らかいやつ。病室で音を立てて食べるのは気がひけるので音の出ないタイプ。あ〜美味しい、、、こんな小さな幸せに浸れるのも入院生活ならでは。トイレは相変わらず『産みの苦しみ』。

f:id:hikarujinzai:20170818092516j:plain

 

ぬれ煎餅

f:id:hikarujinzai:20170818092608j:plain

 

12:00

病院のお昼ご飯もあと2回。いつもランチで食べていた牛丼やラーメンや立ち食いそばが恋しい。おかずは相変わらずの薄味、薄味って改めて健康に良いんだね。

f:id:hikarujinzai:20170818153928j:plain

 

入院ネタで、入院初日から右手にはめられたバンドももう少しでお別れ。鬱陶しかったけど、これに生年月日や名前やナンバーが記されているので大事なものなんだろうね。

f:id:hikarujinzai:20170818153832j:plain

 

15:00

お風呂も今日入れて残り2回。お風呂は大きくて気持ち良かった。退院してちょっと落ち着いたら箱根の温泉にでも行ってゆっくりと浸かりたいと思っている。そろそろ精算が気になってきた。カードが使えるので現金の準備は不要だが、どれくらいの金額になるのか全く見当もつかない。途中まで無料のお部屋が空いてなくて一日5千円のお部屋に居たので、結構な金額いっちゃてるかもね。

 

18:00

この塩分控えめの夕食もあと2回、それにしてもこの2週間、3食毎度、毎度どんぶり飯をよく食べたものだ。ここ何年もこんなにご飯を食べ続けたのは記憶にない。でもあまり太ったような感じはなく、逆にお腹が少し凹んだような気がする。退院するときは体重計に乗ってみよう。増えたのか?減ったのか?楽しみです。もし減ってたら糖質制限て一体何なの?

f:id:hikarujinzai:20170818182216j:plain

 

今日のご飯のお供は海苔の佃煮です。

f:id:hikarujinzai:20170818182406j:plain

 

こんな感じ

f:id:hikarujinzai:20170818182442j:plain

 

【12日目のコメント】

この入院生活もいよいよあと2泊3日。明日は退院前日になるので、色々と手続きの説明とかがあるらしい。痛みはトイレ以外ではほぼ感じないが、普通にお尻をベタッとつけて座ると多少気になる。傷口からは相変わらず液状のものが出ていて、それをガーゼで押さえている状態が続いているが、概ねこんな感じなのだろうか。

さっきちょっと触れたが、3食しっかり炭水化物を食べてきたにもかかわらず、多少痩せたような気がする。当然運動も殆どしていない。炭水化物だけでは必ずしも太る訳ではないことが何となくわかった。

 

 

13日目(退院前日)

8:00

朝食も後2回、最後の最後に1、2を争う地味なメニューで苦笑い。入院生活2週間はあっという間だった。これだけ長期間ほぼひとりで過ごしたのはいつ振りのことか想い出せない、いや初めてではないだろうか。喋るのは日替わりの担当看護師との定期的な会話だけ、ちょっと普通では考えられない。でもゆっくりと今後のこととか、家族のことを考えることができて有意義だったような気がする。後約24時間ちょっと、この貴重な時間を満喫したいと思う。

f:id:hikarujinzai:20170819084653j:plain

 

12:00

最後のランチは2回目のコシゼロうどん、でも結構味が濃いめだった。明日の昼食からはシャバでのご飯になる。退院最初の食事は待ちに待った焼肉でも食べようかと思っている。生ビールも1杯くらいなら許されるかな…

f:id:hikarujinzai:20170819135243j:plain

 

14:00

先ほど看護師から退院後の注意点について説明があった。

要約すると…

  • 野菜、海藻、果物を摂取し便通を良くする
  • 排便時力み過ぎない
  • 便秘にならないように水分を1日1.5リットル以上摂取し、軽い運動を心がける
  • 重い荷物を両手に持たない
  • 入浴はマメに行い清潔を保つ(入浴剤は可)
  • 2週間はアルコールの多量摂取は控える
  • 香辛料を取り過ぎない
  • 長時間の座位は避ける
  • しばらくは傷口から分泌物が出るのでガーゼを挟む

等々、怖いのでちゃんと守ろうと思っている。

 

14:30

最後の入浴終了、お風呂がこの入院生活の癒しだった。最後なのでお風呂ネタを少々。毎日新しいのを持ってきてくれるタオルセット(一日500円)とシャンプー・リンス・タオル(無料)をご覧あれ。タオルセットは清潔感があって気持ち良かった。

 

タオルセット

f:id:hikarujinzai:20170819144727j:plain

 

シャンプーほか

f:id:hikarujinzai:20170819144806j:plain

 

18:00

「最後の晩餐」というのは少し使い方を間違えているだろうが、これで泣いても笑っても最後の夕食となった。薄いだの、地味だのと散々文句つけてきたが、こんなメニューを毎日食べていれば病気なんかしないんだろうなぁ…わかっちゃいるけど、欲望がそれ許してくれないのでこの病院のこのフロアに同じ病気の人がたくさんいるのだろう。

みなさんお互い頑張ろう!もう2度と帰ってくるなよ!(私も含めてだが)

f:id:hikarujinzai:20170819200631j:plain

 

【13日目のコメント】

いよいよ今日が最後の夜となった。長いようであっという間の2週間だった。高校野球とブログのおかげでなんとか乗り切れたような気がする。会計が気になるが明日は日曜日で会計ができないらしいので、金額は来週教えてもらえるとのこと。支払いも次回の診察日で大丈夫らしい。自己負担分で20万位いくのだろうか?もっとかなぁ?全く見当もつかないが、また解り次第ご報告します。加えて2週間の入院生活を退屈しないためのポイントをいくつか紹介する予定ですのでもしよろしければまたお越しください。

さあ明日は放免(退院)祝いでパッといこう!お酒は控えめにして…

 

 

14日目(退院)

 8:00

最後の朝食、そして最後の病院食。良くも悪くもこの管理された食生活がやっと終わった。先ほど腕時計を2週間ぶりにしたらちょっとスイッチが入ったような気がした。遠ざかっていた日常へ帰還する。

f:id:hikarujinzai:20170820081955j:plain

 

10:00

看護師が次の診察日までの薬を持ってきてくれた。その後荷造りをして、簡単に忘れ物チェックがあって、あっさり入院生活がファイナルを迎えた。妻のお迎えを待ちつつ普段着に着替える。中々居心地のいい部屋だった。医師も看護師もみなさんとても優しかった。本当にお世話になりました。

 

12:00

退院後最初の食事は焼肉にした。ハイボールも飲んだ。でも余り美味しいと感じなかった。あの薄味の健康的な食事に慣れてしまったのかもしれない。こうして私の2週間の入院生活は幕を閉じた。明日から社会復帰だがやっていけるだろうか?費用その他に関しては後日談でまとめます。

f:id:hikarujinzai:20170820190120j:plain

 

【14日目のコメント】

準備中

 

後日談(費用 他)

15日目

今日(退院翌日)から通常通り出社。10時頃病院の会計から費用の件で入電。19万円弱だった。想定の範囲内というか許容範囲で安心した。生命保険の保険請求もするのでどれくらい戻ってくるかちょっと楽しみ。

 

16日目

痛みはもうほぼ無いが、排便時だけ多少痛い。患部からの分泌物はまだ出ている。痔瘻手術を受けたことがある人に聞くとこのジクジクは1ヶ月位続くとのこと。でも日常生活はもうほぼ支障なし。

 

〜続く〜