読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

【パワハラ、アウト~!】早急な対策が必要な「こんな上司(マネージャー)が部下を潰す(退職)」8つのタイプ

日々会社で上司のパワハラや、パワハラまがいの行為に耐えながら働いているみなさん... 「今日も会社に行きたくない」とか、「上司の顔も見たくない」とか、「いっそ会社を辞めてしまいたい」とか考えていたりしませんか? 今日の記事は、そんな会社の理不尽…

【パパ必見!】「俺育休取るから後よろしく!」てな感じでもし課長(男性)が育児休業を取ったとしたら職場に何が起こるのか?

今日私がはてなブログで今日までやって来れたのはこの方のお陰だと心の底から感じている社労士の吉田先生がこの記事をお載せになりました。 ↓↓↓ yoshidaoffice.hatenablog.com この記事のソース(男性の育休促進へ助成金)が今日の日経の一面になっていまし…

【一流の人の共通点とは?】というセミナーでストンと腹落ちした8つの話+おまけで「学生と社会人の違い」

先日「一流の共通点とは?」というとっても気になるタイトルのセミナー(というかパネルディスカッション)に行ってきました。(マイナビ主催) そのディスカッションの主役は、私も大好きな、 メジャーリーガーの上原浩治さん(ボストンレッドソックス所属…

【エリートの苦悩】「モチベーションが上がらない...」一流企業で出世を約束された30代サラリーマンの悲痛なつぶやき(ドキュメント)

20代~30代の働き盛りのサラリーマンの皆さんお元気ですか? 仕事のモチベーションは下がってないですか? 仕事のやる気がイマイチ出ないということはないですか? そんな将来を嘱望された若手サラリーマンのみなさんに向けて今日は書いています。 先日そこ…

【マジうぜーやつ】「はりきり過ぎ」「でしゃばり過ぎ」と揶揄される上司(マネージャー)の下で働く部下たちの憂鬱

みなさんの働いている会社に「はりきり過ぎ」とか「でしゃばり過ぎ」と揶揄されて悲しいくらいに空回りしている上司(マネージャー)はいませんか? 「いない」とお答えになった方は今日の記事は軽く興味本位で読んでみてください。 「いる」とお答えになっ…

【実話】転職直後私が会社(職場)で孤立した理由を思い出したら酷すぎて泣けてきた(修復方法は?)

みなさんは今会社で孤立していませんか? いきなり変な書き出しで申し訳ありません。 実は今うちの会社のマネージャークラスの社員で社内で孤立してしまっている男がいて、そのマネージャーを何とかしなければいけないなとあれこれ考えていたところ「そう言…

【ムカつく!】上司に言われてドン引き「もうこんな会社辞めたい!辞めてやる!」と思わず叫びそうになった発言ランキングベスト5

皆さん上司に言われた言葉でドン引きしていませんか? その言葉がトリガーとなって会社を辞めたりしてないでしょうか? 当然私もドン引きすることがたまにあります。過去も現在もおそらく未来もきっとあるでしょう。組織に属している以上避けられないことだ…

呆れるほど儲かってる会社の「できる課長」がよく言っていた渋いセリフ8つとその行動(マネージャー論)

「呆れるほど儲かっている会社」って世の中にはありますよね。 そんな会社で働いてる課長さんてどんなタイプか興味ありませんか? 会社が恐ろしいほど儲けるためには様々なファクターが考えられますが、やはり一番のキーは「ヒト」それもマネージャー(管理…

【角さん降臨】人を惹きつける・人がついてくる条件(魅力)を戦後最大の宰相「田中角栄」の言葉(名言)から学んだ

(出典:日本経済新聞) 私は「田中角栄」という名前を聞くとなぜか胸騒ぎがしてしまいます。賛否両論ありますが、田中角栄ほど人間的な魅力というか、底知れぬ胆力というか、清濁併せ飲める人は過去も現在も未来においても二度と出てこない政治家に違いない…

【メンター必見!】若手(新入)社員の「実録インタビュー」からわかった!入社3年間で上司に実はこう対応して欲しかった5つのこと

新入社員の皆さんいかがお過ごしですか?社会人生活も4ヶ月ほど経過してそろそろ仕事にも慣れてきた頃ではないでしょうか?社会人生活は順調ですか?疑問に感じたり腑に落ちないようなことはないですか?最初から質問の連発になって申し訳ありません。でも…

私の「一生ついて行きたいリーダー(シップ)・上司」についての記事がシュールな漫画になりました!

連チャンで似たようなアプローチのエントリーになりますが、もう一本私の記事を「漫画の人事部」さんが非常にシュールな漫画にしていただきましたので前回に引き続いて紹介させていただきます。 もういい加減飽きたとお感じの方はスルーしてください。 私の…

【レジェンド】「世界一のオヤジ」ホンダ創業者、本田宗一郎のいまなお色褪せない常識破りの名言・格言5選

常識を破る、そのことでしか会社の永続はない。私はずっとそう確信してやってきた。 本田宗一郎氏の名言に関する記事を私のような若輩者がこんな場末のブログに書く事は本当に忍びないと感じています。「オヤジ(本田氏)が言いたかったのはそういうことでは…

【具体例・事例】「育成という仮面を被ったパワハラやっていませんか?」パワハラになるかどうかのチェックポイント

マネージャーは「業績達成」と同じくらいの重要度で「部下の育成」というミッションが課せられています。業績達成にばかり注力してしまい部下の育成まで手が回らず後回しにしているケースもありますが、今日紹介するような全く誤った手法で部下を育成(とい…

【理想の会社像】「こんな会社で働きたい...」と思える社員も組織も仕事も元気な会社の9つの特徴

今日の記事は是非就活生の皆さん、中小企業で働いている皆さん、そして起業家の皆さん(今から起業する人、起業したばかりの人)に是非お読みいただきたいと思いながら書いています。なぜならば、就活生の皆さんはまさに今どんな会社で働けばいいのか悩んで…

「仕事ができる」「仕事ができない」って要するにどういうことなん?

★この記事が漫画になりました!★ ↓↓↓ <a href="http://hikarujinzai.hatenablog.com/entry/2015/07/20/203613" data-mce-href="http://hikarujinzai.hatenablog.com/entry/2015/07/20/203613">私の「仕事ができる人・仕事ができない人…

30代で部長になった私が泣かされた「年上の部下」の実在サンプル7人衆とその上司としての接し方

私は今の会社に中途で就職したのですが、入社して一年後に部長になりました。38歳でした。中小企業でしたがそこそこ社員数もいましたし、老舗の会社ですので当時私より「年上の部下」は必然的にかなりの人数存在していました。 私は部長になった日から今日ま…

【うざい!】嫌いな上司に言われるとイラっとする能書き10選とその時の部下の凍りつく心情

今日の記事は自戒の念を込めて書きます。常日頃私はこのブログでもっともらしい能書きを恥ずかしげもなく書き連ねています。またまさしく今、会社で嫌な上司になっているかもしれません。こんな私は今日の2つのテーマにピッタリすぎるくらいにハマっている…

【部下も大切だけど...】マネージャー(ヒーロー)のみなさん!自分自身のストレス(メンタルへルス)に気づいてますか?

マネージャーは自分自身のストレスやメンタルヘルス不調について軽視しがちです。にもかかわらず「労働者健康状況調査」などによると仕事や職業生活で強い不安や、悩みや、ストレスがあると答えたマネージャーの割合は、全体平均を上回っているのです。 「マ…

【ヒトモノカネのヒト】マネジメントの基本は「人財を創ること」だと信じてこれからもやっていく

私がブログタイトルを「ひかる人財プロジェクト」としている理由は、将来社労士で起業した時に社名を「ひかる人財プロジェクト」にしたいと考えているからです。この社名には自分自身がきらりと「ひかる人財」になるということと、クライアントに対してきら…

【尊敬できる上司・部下に慕われる上司】「こんな人についていきたい」社員が辞めないリーダーシップ(リーダー像)

★この記事が漫画になりました!★ ↓↓↓ <a href="http://hikarujinzai.hatenablog.com/entry/2015/07/22/075145" data-mce-href="http://hikarujinzai.hatenablog.com/entry/2015/07/22/075145">私の「一生ついて行きたいリーダ…

【仕事ができない人におすすめ】仕事なんかできなくても大丈夫?「昭和テイストの上司に好かれる・可愛がられる処世術」鉄板5ネタ

仕事ができる偉い方(自社、他社問わず社長や役員のような経営層や部長や課長のような管理職)は90%よく遊ぶ。ポジションが上に上がれば上がるほど仕事が趣味って方も確かに多いが、基本的に本当にみずみずしく活き活きと子供のように無邪気に没頭して遊…

人事がそっとつぶやく「こんなマネージャーが会社を潰す」8つのタイプ

会社はヒト・モノ・カネで動いている。カネ・ヒト・モノでもなくモノ・ヒト・カネでもなくヒト・モノ・カネの順番で必ず表現される。ただ単にこれは偶然の並びで慣れてしまっただけではなく、間違いなく組織においてもっとも重要な経営資源はヒトなのだと考…