「太く短く生きる」というフレーズを見るだけで涙が止まらなくなってしまう理由(わけ)

才能や情熱が有り余る人でも無念にも若くして旅立ってしまう人がいます。また人格が高潔で誰からも慕われている人に限ってその早すぎる生涯を惜しまれながら閉じる人が後を絶ちません。「才子多病」とか「憎まれっ子世に憚る」みたいな言葉があるのもこのことを歴史が裏付けているのではないでしょうか。 先日そんなかけが…