読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

きんざいファイナンシャル・プランニング(FP)1級実技(面接試験)対策〜その3

FP

面接官


今日は私が2014年2月に受検した時に作成した、
きんざいファイナンシャル・プランニング(FP)1級実技(面接試験)PART2の
出るとこポイントを紹介します。


(前回のPART1同様、2014年2月の試験対策用ですので、
現時点での法改正等には全く対応しておりません

のでご了承ください。
なおあくまで私の当時のチョイスですので、参考程度にしていただきますようお願いします。)

きんざいファイナンシャル・プランニング(FP)1級実技(面接試験)PART2の出るとこポイント
【1】借地借家法の普通借地権と定期借地権
【2】農地法の権利移動および転用の許可内容
【3】特定の事業用資産の買換え特例
【4】固定資産の交換の特例
【5】立体買換えの特例
【6】居住用財産譲渡の特例
【7】土地有効活用事業方式のメリット・デメリット
【8】J-REITの特徴
★【9】FPと職業倫理
【10】借地権設定時の課税関係
【11】固定資産税
【12】青色申告
【13】低額譲渡
【14】投資判断指標
その他

PART2でも★はおそらく100%聞かれますので、必ず暗記しておくことをオススメします。
私はPART1同様【9】までの項目名を試験当日暗記し、
問題用紙に一気に書き込み、その後で冷静に設問を読んで、
それに合致するポイントの内容を思い出しました。
あと大切なことなのですが、小規模宅地等のPART1で押さえたのポイントが
いくつか質問されたことを覚えています。

繰り返しになりますが、新しい論点や法改正等は皆さんで各自追加・削除してください。
非常に無責任で恐縮なのですが、少しでも受検する方の参考になればと思い紹介しました。
次回は面接当日の様子(控え室から面接室まで)について紹介します。