ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

年一本程しかドラマを見ない私ですら死ぬまでにもう一度「イッキ見」したいと企んでいる名作テレビドラマランキング

f:id:hikarujinzai:20151004172451p:plain

 

★必見!どこよりもはやく「2016年春スタート」テレビドラマヒット予想やってみました!

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

 

みなさんこんにちは!

みなさんはテレビドラマはお好きですか?

私は決して嫌いではないのですが、なかなか最近は見る時間がなくて、最近は年間で1本か2本くらいしかテレビドラマを見ることができません。

 

そんな私が前日このブログをまとめている時に、ある一本のテレビドラマを思い出しました。そのテレビドラマが実は今日のランキングの第1位なのですが、それを無性にもう一度「イッキ見」したくなってしまいました。その時は思わずTSUTAYAに走りそうになったほどです。

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

そのドラマを思い出したことをきっかけにして、過去私が見た面白かったドラマで、死ぬまでにもう一度「イッキ見」したいものを備忘用に集めておいても悪くないかもと思い立ってしまいました。その流れで今日のこの記事を書いている次第です。

 

 

とても人気のあるはてなブロガーさんもこの記事でお好きなテレビドラマをランキングしています。

↓↓↓

ikdhkr.hatenablog.com

 ※id:ikdhkrさん、勝手に取り上げさせていただきまして誠に恐縮ですm(_ _)m

 

この記事の二番煎じみたいになるので若干心が痛いのですが、

この記事の最後に...

まとめ

DVD化されてないドラマでも面白かった作品がたくさんある。草なぎ剛の「TEAM」、松本人志の「伝説の教師」、榎本加奈子の「おそるべしっ!音無可憐さん」、KinKi Kidsの「ぼくらの勇気 未満都市」、財前直見の「お水の花道」、ともさかりえの「FiVE」、広末涼子の「リップスティック」、香取慎吾の「透明人間」など挙げればキリがない。2000年代のドラマを中心に入れたかったので90年代は少なめのこういうランキングになった。他にもベタなところで言えば「東京ラブストーリー」とか「一つ屋根の下」あと「JIN」とか「ストロベリーナイト」も忘れてた。だいぶ抜けてるので忘れてるのあったら教えてください。

と書かれてあったので、この大人気だった記事から抜けているものでまとめるのであれば許されるかなあという甘い考えのもと、この記事にないもの限定でまとめてみることにします。

「かんそうブログ」さん、図々しくお言葉に甘えさせていただきますね。

 

今回のまとめの条件としては...

  1. 「かんそうブログ」さんの「おすすめ日本のドラマランキングベスト48」で取り上げられていないもの(二番煎じになってしまうので もうしっかり二番煎じになっていますが
  2. 2000年以降のもの(1999年までで見ていたものも結構あるのですが収拾がつかなくなりそうなので)
  3. 木村拓哉はオミット(ほぼすべてが超ヒット作で紹介するまでもないと感じたので)

の3つとさせていただきます。

 

 

「お前が見たいドラマなんか興味ないよ!」という方はここでご退出いただければと思います。

でも40代の私が、年1~2本しか見ないテレビドラマの中から厳選した名作ばかりですので、同じような年代の男性の方にとってはちょっとした暇つぶしには丁度いいと思います。

「そういえばそんなドラマあったよな・・・!」って盛り上がってもらえるとうれしいです。

みなさんお忙しいとは思いますが、もしよろしければ...

 

前置きはこれくらいにして、それではそろそろ始めます!

※イメージをクリックすればAmazonに飛びます。

 

 

 

★NHK大河ドラマ「真田丸」関連

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

f:id:hikarujinzai:20151004172520p:plain

 

第20位 新参者

【平均視聴率】

15.2%

【ドラマへの熱い想い】

私は阿部ちゃんが大好きです。阿部ちゃんのドラマは最低限初回はチェックしますが、その阿部ちゃんの渋さが存分に発揮されている見応えのある刑事ドラマです。原作も東野圭吾ですのでストーリーも面白くないわけないですよね。1回づつの短編になっているのも見やすさのひとつです。舞台の「人形町」界隈も馴染みがあるのでそれもまたうれしかったです。阿部ちゃんが毎回たい焼き屋さんの行列に並んでは買えないという笑えるお約束も楽しみにしていました。

【主演】

阿部寛

【こんな人も出てたの!】

向井理

【放送期間】

2010年4月18ー6月20日

【放送日時】

日曜日 21:00

【制作局】

TBS

 

新参者 DVD-BOX

 

第19位 流星ワゴン

【平均視聴率】

10.3%

【ドラマへの熱い想い】

西島さんのドラマはこの作品が初めてでしたが、この役者さんはとても落ち着いたいい役者さんですね。めちゃくちゃ女性に人気があるのも頷けます。原作も大好きな重松清で、本も読んでいたのでとても入り込みやすかったです。脇を香川照之さんや倍賞美津子さんが固めているのでとても重厚感のあるドラマでした。香川さんの「朋輩(ほうばい)!」というセリフが大好きでした。西島さんの奥様役の井川遥さんも悲しげで良かったです。あとエンディングに流れるサザンの「イヤな事だらけの世の中で」がとてもカッコよくカラオケで何度か練習しましたが残念ながらマスターできませんでした(笑)

【主演】

西島秀俊

【こんな人も出てたの!】

吉岡秀隆

【放送期間】

2015年1月18日ー3月22日

【放送日時】

日曜日 21:00

【制作局】

TBS

 

流星ワゴン DVDBOX

 

第18位 不毛地帯

【平均視聴率】

11.6%

【ドラマへの熱い想い】

フジテレビ開局50周年記念ドラマとして豪華出演陣を揃え、鳴り物入りでしかも2クール放送されました。出演者は主役の唐沢寿明の他に、小雪、和久井映見、遠藤憲一、柳葉敏郎、竹野内豊と主役級をズラッと揃え、「お金かけてるな~」と率直に感じさせるドラマでした。ただ制作の思惑は少々外れ、視聴率が予想外に低迷し、当初の予定よりも放送回数が減ったという経緯もあるみたいです。でも個人的には重みがあって大好きなドラマでした。主人公のモデルは伊藤忠商事の瀬島龍三元会長と言われていますが、原作者の山崎豊子はそれを否定しているそうです。じっくりと腰を据えて見返したいテレビドラマのひとつです。

【主演】

唐沢寿明

【こんな人も出てたの!】

阿部サダヲ

【放送期間】

2009年10月15日ー2010年3月11日

【放送日時】

木曜日 22:00

【制作局】

フジテレビ

 

不毛地帯 DVD-BOX 1

 

第17位 拝啓、父上様

【平均視聴率】

13.2%

【ドラマへの熱い想い】

東京の神楽坂の老舗割烹を舞台にした、倉本聰が脚本を手がけた格式高いというか倉本ならではの雰囲気のあるドラマです。私は男性アイドルの中では何故か二宮和也が好きなので、彼のドラマはどうしても気になってしまいます。彼はジャニーズのアイドルの中でも他の人とはまったく違う独特のキャラを持っているような気がしています。二宮の他にも黒木メイサや関ジャニの横山裕なんかも出ていて、今思えば豪華なキャストだったんだなあと感じます。音楽を担当した森山良子の主題歌も印象に残っています。

【主演】

二宮和也

【こんな人も出てたの!】

福田沙紀

【放送期間】

2007年1月11日ー3月22日

【放送日時】

木曜日 22:00

【制作局】

フジテレビ

 

拝啓、父上様 DVD-BOX

 

第16位 交渉人~THE NEGOTIATOR~ 

【平均視聴率】

12.5%

【ドラマへの熱い想い】

数ある米倉涼子のヒットドラマの中でほぼ唯一私が見たのがこのドラマです。当初は主人公と交渉班の確執が目立っていましたが、徐々に結束を固めていく過程が感動的でした。米倉涼子はこのドラマで初の刑事役だったそうで、米倉のヒット作「黒革の手帳」と同じスタッフが制作に携わったとのことです。筧利夫や陣内孝則、高橋克実らが脇をしっかり固めていて毎回みるみる引き込まれる展開でした。城田優が奇抜でしかもキーとなる役を演じていたのも印象的でした。

【主演】

米倉涼子

【こんな人も出てたの!】

高岡蒼甫

【放送期間】

2008年1月10日ー2月28日

【放送日時】

木曜日 21:00

【制作局】

テレビ朝日

 

交渉人~THE NEGOTIATOR~ [DVD]

 

第15位 特上カバチ!!

【平均視聴率】

9.3%

【ドラマへの熱い想い】

 行政書士事務所を舞台として、ちょっと変化球な作戦を駆使しながら社会的弱者を守っていくというストーリーで、モーニングで連載された大人気マンガのドラマ化です。ちょうど私も行政書士試験の勉強中でしたので余計に身近に感じて、毎週楽しみに見ていました。このドラマのおかげで行政書士試験の受験者が増えるバブルが発生したと言われるほど行政書士業界には影響力のあるドラマでした。共演の堀北真希がかなり生意気な役なのですが、見た目が可愛すぎて視聴者はだれも彼女のことを憎めなかったのではないでしょうか。ご結婚おめでとうございます。

【主演】

櫻井翔

【こんな人も出てたの!】

上里亮太

【放送期間】

2010年1月17日ー3月21日

【放送日時】

日曜日 21:00

【制作局】

TBS

特上カバチ!! DVD-BOX

第14位 離婚弁護士

【平均視聴率】

13.7%

【ドラマへの熱い想い】

 天海祐希が大手法律事務所から独立し、一転して一般の民事事件を扱うようになり苦労しながらも人間らしさを取り戻していく女弁護士を演じています。取り扱う案件はタイトル通り離婚を筆頭に、セクハラやDV、不倫やストーカーなど身近なもので、とても他人事とは思えないものばかりでした。その他でも相続やクーリングオフなど気になる案件も多くいろんな意味で勉強になるドラマです。脇の玉山鉄二、佐々木蔵之介、津川雅彦が三者三様いい味出していて、その安定した演技は見ていて安心でした。

【主演】

天海祐希

【こんな人も出てたの!】

ミムラ

【放送期間】

2004年4月15日ー6月24日

【放送日時】

木曜日 22:00

【制作局】

フジテレビ

 

離婚弁護士 DVD-BOX

 

第13位 三匹のおっさん~正義の味方、見参!!~

【平均視聴率】

10.2%

【ドラマへの熱い想い】

「阪急電車」で有名な私の大好きな有川浩の小説のドラマ化で、始まる前から楽しみにしていました。北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎の3人の還暦おじさんが町内のトラブルを正義の味方というか、ヒーローのごとく次々に解決していく様子を痛快に描いています。テレビ東京開局50周年特別企画作品でテレビ東京では異例の高視聴率だったようです。確かにテレビ東京のドラマって珍しいですよね。よくある風景のよくある人々のよくある事件を見ているとなんかホッとできる心温まるドラマです。

【主演】

北大路欣也

【こんな人も出てたの!】

大野拓朗

【放送期間】

2014年1月17ー3月14日

【放送日時】

金曜日 19:58

【制作局】

テレビ東京

 

三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~ DVD-BOX

 

第12位 隠蔽捜査

【平均視聴率】

7.5%

【ドラマへの熱い想い】

キャリア官僚で独特の信念を持つ警視庁大森北警察署署長を演じる杉本哲太と、幼馴染の無愛想な警視庁刑事部長を演じる古田新太の友情と、各々の立場での捜査に対する葛藤を描いています。ふたりの敵役となるキャリア官僚役の生瀬勝久もキレキレのいい味を出していて見応えあります。左遷されて警察署署長として赴任した主人公は一風変わった持論のもと行動していくので、最初は周りに冷ややかに見られますが、徐々に部下からも信頼を得ていきます。国家公務員とは何か、公務員が私利私欲を捨てるとはどういうことか、などを考えさせられるクオリティの高いとても渋いドラマです。

【主演】

杉本哲太

【こんな人も出てたの!】

安田顕

【放送期間】

2014年1月13日ー3月24日

【放送日時】

月曜日 20:00

【制作局】

TBS

隠蔽捜査 DVD-BOX

第11位 僕と彼女と彼女の生きる道

【平均視聴率】

20.8%

【ドラマへの熱い想い】

草彅剛の「僕シリーズ3部作」の2作目で、平均視聴率・最高視聴率ともにシリーズ最高となっています。突然妻から離婚を言い渡された仕事一筋の銀行員である主人公が、様々な苦労を乗り越えながら、幼い娘と一緒に暮らして行く過程で「絆」を築いていくというストーリーになっています。娘役の美山加恋が文字通り可憐で、このドラマで一躍注目を浴びることになりました。主人公に色々とアドバイスをする娘の家庭教師役を小雪が演じていて、主人公の考え方に大きな影響を与える中で、「娘とのコミュニケーション」を取ることがいかに大切であるかを真摯に、穏やかに訴え続ける様子が感動を与えてくれました。

【主演】

草彅剛

【こんな人も出てたの!】

小日向文世

【放送期間】

2004年1月6日ー3月23日

【放送日時】

火曜日 22:00

【制作局】

関西テレビ

 

僕と彼女と彼女の生きる道 [DVD]

 

第10位 極悪がんぼ

【平均視聴率】

9.9%

【ドラマへの熱い想い】

イブニングで連載されていた原作:田島隆、作画:東風孝弘のマンガのドラマ化です。「がんぼ」とは広島弁でいたずらっ子、悪ガキの意味を持つとのこと。主人公の尾野真千子を見るとどうしても熱愛が噂されたほっしゃん。が目に浮かんでしまうのですが、彼女の迫真の演技は引き込まれるものがありました。舞台となっている経営コンサル事務所のスタッフである椎名吉平や三浦友和や竹内力がキャラクターが立ちすぎるほど立っていて、毎回見ていて飽きませんでした。特に三浦友和は髪を金髪にしての怪演で、鮮明に記憶に残っています。

【主演】

尾野真千子

【こんな人も出てたの!】

 三浦翔平

【放送期間】

2014年4月14日ー6月23日

【放送日時】

月曜日 21:00

【制作局】

フジテレビ

 

極悪がんぼ DVD-BOX

 

第9位 結婚できない男

【平均視聴率】

16.9%

【ドラマへの熱い想い】

また阿部ちゃんドラマの登場です。阿部ちゃんが仕事はできるし、ルックスもいい所謂「三高」なのになかなか結婚できないという40歳の独身男性を演じています。「結婚は妻と子供と住宅ローン三大不良債権を背負わされる」と主張して憚らない皮肉屋の設定で、それに内科医の女医を演じる夏川結衣が絡んできます。テンポも良く笑いあり、せつない恋愛模様ありで、とてもほっこりでき、気楽に見ていられる、何回見ても飽きない貴重なドラマです。阿部ちゃんのひとり焼き肉のシーンが大好きでした。

【主演】

阿部寛

【こんな人も出てたの!】

国仲涼子

【放送期間】

2006年7月4日ー9月19日

【放送日時】

火曜日 22:00

【制作局】

関西テレビ

 

結婚できない男 DVD-BOX

 

第8位 優しい時間

【平均視聴率】

14.9%

【ドラマへの熱い想い】

あの渋い俳優屈指の存在である寺尾聰演じる主人公が、妻を交通事故で亡くしたのを機にエリート商社マンを辞め、妻の故郷、富良野で喫茶店「森の時計」を開き、そこを舞台に様々な人間模様が繰り広げられるというストーリーです。脚本は倉本聰で、さすがと思わせるゆったりとした、それでいて間延びしない絶妙なテンポでドラマが進んで行きます。ちょっと影のある息子役を若き二宮和也が演じ、初々しさと共に彼特有の雰囲気を存分に感じさせてくれます。新富良野プリンスホテルに隣接するこのドラマのロケ地となった喫茶店には実際にお邪魔してその空気感を味わってきました。

【主演】

寺尾聰

【こんな人も出てたの!】

長澤まさみ

【放送期間】

2005年1月13日ー3月24日

【放送日時】

木曜日 22:00

【制作局】

フジテレビ

 

優しい時間 DVD-BOX

 

第7位 ダンダリン 労働基準監督官

【平均視聴率】

7.5%

【ドラマへの熱い想い】

労働基準監督署を舞台として、竹内結子が労働基準監督官を演じるちょっと珍しい設定のドラマです。丁度私が社会保険労務士の勉強をしていた時期と重なるので興味深く見ていました。ブラック企業や労働基準法、労働安全衛生法の話が毎回テーマとなり、竹内扮する主人公のダンダリンが弱い立場の労働者を守っていくというストーリーです。社労士試験受験性や社労士は見ていた人とても多いと思いますよ。モーニングで連載された田島隆(とんたにたかし)原作、鈴木マサカズ作画の「ダンダリン一〇一」のドラマ化です。

【主演】

竹内結子

【こんな人も出てたの!】

松坂桃李

【放送期間】

2013年10月2日ー12月11日

【放送日時】

水曜日 22:00

【制作局】

日本テレビ

 

ダンダリン 労働基準監督官 DVD-BOX

 

第6位 働きマン

【平均視聴率】

12.1%

【ドラマへの熱い想い】

モーニングで連載された安野モヨコの漫画のドラマ化です。一生懸命働く女性を菅野美穂が演じています。「働くとは?」「仕事とは?」というテーマに正面から熱くぶつかっていくという最近ではちょっと考えられない設定が今見ると逆に斬新です。主人公の松方弘子は、名前は松方弘樹から由来し、仕事モードに入ると恋愛も寝食もそっちのけで猛烈に働いてしまうそんな働く者の鏡のようなキャラクターとなっています。菅野美穂がいつも納豆巻きを食べていたのもとても印象的です。エンディングの働きマン音頭はパパイヤ鈴木が登場して大ウケでしたね~

【主演】

菅野美穂

【こんな人も出てたの!】

平山あや

【放送期間】

2007年10月10日ー12月19日

【放送日時】

水曜日 22:00

【制作局】

日本テレビ

 

働きマン DVD-BOX

 

 

第5位 運命の人

【平均視聴率】

12.0%

【ドラマへの熱い想い】

原作は山崎豊子の小説「運命の人」で、毎日新聞の記者だった西山太吉が国家公務員法違反で有罪となった西山事件がモデルになっていると言われています。本木雅弘がこの敏腕新聞記者役を好演していて、それを真木よう子や松たか子といった美女が華やかに絡むというなかなかシックでシリアスなテレビドラマです。当時丁度行政書士試験の勉強中で、西山事件も「報道の自由」や「知る権利」周辺で試験の論点になっていたので勉強になるなあと思いながら見ていたのが思い出されます。男女関係を暴露する「密かに情を通じ、これを利用して」という有名な起訴文が象徴的に取り上げられています。

【主演】

本木雅弘

【こんな人も出てたの!】

松重豊

【放送期間】

2012年1月15日ー3月18日

【放送日時】

日曜日 21:00

【制作局】

TBS

 

運命の人 DVD-BOX

 

第4位 電車男

【平均視聴率】

21.2%

【ドラマへの熱い想い】

気弱なオタク青年役を伊藤淳史が、絶世の美女でお嬢様役を伊東美咲が演じる純愛物語です。モテない男が様々なハードルを乗り越えながら懸命に高嶺の花にアタックしていくという構図は私のようにモテない男にどれだけ勇気を与えたか測りしれません。ネットの住人達が主人公のオタク青年を励ましたり、からかったり、指南したりするさまも当時ではとても新鮮な設定でした。いろんな意味で時代の先端を走っていたドラマだったような気がします。エンディングテーマのサンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」も相当インパクトがありました。

【主演】

伊藤淳史

【こんな人も出てたの!】

劇団ひとり

【放送期間】

2005年7月7日ー9月15日

【放送日時】

木曜日 22:00

【制作局】

フジテレビ

 

電車男 DVD-BOX

 

第3位 ヤンキー母校に帰る

【平均視聴率】

12.8%

【ドラマへの熱い想い】

これもめちゃくちゃいいドラマです。毎回号泣して見ていました。「星の金貨」でいい役者だなあと思っていた竹野内豊のことがこのドラマを見て大好きになりました。以後竹野内豊のドラマは一応チェックするようにしています。自民党国会議員の義家弘介の原作で彼が高校教師だった頃がベースになっていて、ストーリー自体にも迫力があるのですが、なんといっても生徒役で出演していた面子が凄すぎます。市原隼人、永井大、市川由衣、速水もこみち、小池徹平、相葉雅紀、凄くないですか。おまけに篠原涼子なんかも出ています。竹野内演じる自らもヤンキーだった教師が、どうしようもないヤンキー生徒達のことを真剣に考え行動し、信頼を徐々に得ていく過程は涙なしでは見られないですよ。ああもう一度大泣きしたい。

【主演】

竹野内豊

【こんな人も出てたの!】

神田沙也加

【放送期間】

2003年10月10日ー12月12日

【放送日時】

金曜日 22:00

【制作局】

TBS

ヤンキー母校に帰る DVD-BOX ( 初回限定生産 )

 

第2位 ブランド

【平均視聴率】

15.7%

【ドラマへの熱い想い】

今井美樹がファッションブランドのプレス担当で働くセンスのいい独身のキャリアウーマンを演じ、まだ出始めの市川染五郎演じる年下のちょっととんがった中途新入社員と衝突を繰り返しながらも徐々に惹かれあっていくというとてもおしゃれでカッコいいドラマです。今見ると今井美樹も中々若いですが、市川染五郎がめちゃめちゃ初々しくて見ていてこっちが恥ずかしくなってきてしまうほどです。主題歌になった今井美樹が歌う「Goodby Yesterday」も名曲で、キリっとした美しいシーンに非常にマッチしています。今井美樹のファッション(すべてクリスチャン・ディオール)を見ているだけでも価値はあるのではないでしょうか。私には珍しく恋愛系のランクインです。

【主演】

今井美樹

【こんな人も出てたの!】

佐藤藍子

【放送期間】

2000年1月13日ー3月23日

【放送日時】

木曜日 22:00

【制作局】

フジテレビ

 

ブランドDVD BOX

 

第1位 とんび

【平均視聴率】

15.5%

【ドラマへの熱い想い】

このドラマの主題歌が福山雅治の「誕生日には真白な百合を」で、その曲を冒頭のカラオケブログで書いていてこのドラマを思い出し、無性に見たくなってしまいました。本当にいいドラマです。巷の評価は賛否両論ありますが、私的には絶対におすすめです。まだ見ていない方がうらやましく感じるほどです。原作も大好きな重松清ですので放映前から期待していたのですが、期待を裏切ることはありませんでした。どうしようもなく不器用で照れ屋な父を内野聖陽、優等生の息子を佐藤健が演じていて、昭和のいい時代の家族の愛と命をテーマにした感動物語です。父親が息子に対して「とんびが鷹を生んだ」なんて言うなんて、それだけで号泣できませんか。近いうちに「イッキ見」することが確定している、私が一生見続けていくつもりの名作です。

【主演】

内野聖陽

【こんな人も出てたの!】

吹石一恵

【放送期間】

2013年1月13日ー3月17日

【放送日時】

日曜日 21:00

【制作局】

TBS

 

とんび DVD-BOX

 

 

いかがだったでしょうか?

以上が年一本程しかドラマを見ない私ですら死ぬまでにもう一度「イッキ見」したいと企んでいるテレビドラマランキングベスト20でした。

年代順にまとめると...

2000 ブランド(2位)

2001 -

2002 -

2003 ヤンキー母校に帰る(3位)

2004 僕と彼女と彼女の生きる道(11位) 離婚弁護士(14位)

2005 電車男(4位) 優しい時間(8位)

2006 結婚できない男(9位)

2007 働きマン(6位) 拝啓、父上様(17位)

2008 交渉人(16位)

2009 不毛地帯(18位)

2010 特上カバチ(15位) 新参者(20位)

2011 -

2012 運命の人(5位)

2013 とんび(1位) ダンダリン労働基準監督官(7位)

2014 極悪がんぼ(10位) 隠蔽捜査(12位) 三匹のおっさん(13位) 

2015 流星ワゴン(19位)

 

年3本見ている年もありますね。タイトルに偽りありで申し訳ありません。

 

これに過去のトップニュース(時事通信)も貼っておきますので見比べてみてください。時代の移り変わりが見えて面白いですよ。

 

2000 有珠山と三宅島が噴火

2001 米で同時多発テロ

2002 日韓共催のサッカーW杯で日本発のベスト16

2003 自衛隊のイラク派遣を決定

2004 アテネ五輪で金メダル16個、メダル総数は史上最多

2005 JR福知山線で脱線事故、107人死亡

2006 荒川、トリノ五輪で金メダル

2007 安倍首相突然の辞任、福田内閣発足

2008 福田首相が辞任、麻生内閣発足

2009 民主圧勝、政権交代、社民・国民新党と連立

2010 尖閣湾で中国漁船衝突、映像がネット流出

2011 東日本大震災、原発事故で甚大被害

2012 第46回衆院選で自公圧勝、政権奪回

2013 アベノミクス始動、異次元緩和で円安・株高

2014 解釈改憲で集団的自衛権容認

※時事ドットコムより引用

 

 

 

いつの日かこの20本のドラマを「イッキ見」できるような時間が取れたら最高ですね。

 

 

f:id:hikarujinzai:20151005164648j:plain

 

実はランキングには入れませんでしたが、もうひとつ大好きなテレビドラマがあります。

それは...

孤独のグルメ Season 4 DVD-BOX

もう言うまでもありませんよね。

最近また新しいシリーズが始まりましたのでホントうれしいです。

  

今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次回は是非~1999年版をやってみたいと思っています。

ではまたその時に...

 

★これでドラマや映画が結構見られます!

↓↓↓ 

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

  

 

★SMAPメンバー出演おすすめドラマ★

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★NHK大河ドラマ2016「真田丸」★

真田丸キャストの出演映画をAmazonプライム・ビデオで無料で観よう!

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

真田丸出演女優のおすすめ映画・ドラマランキング

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

 

真田丸出演男優のおすすめ映画・ドラマランキング

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com