ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

【社労士試験運命の合格発表!】この試験制度における合格基準の補正(救済措置)について考える

f:id:hikarujinzai:20151106060535j:plain

 
※平成28年度第48回社労士試験合格発表についてはこちらで平成28年11月11日(金)9:30過ぎに公開します!
★2016年度版 公開しました!!!
↓↓↓ 
 
 
※平成27年11月6日(金) 19:00現在
 
社会保険労務士を受験したみなさんこんにちは!
今日は運命の合格発表日です。
近年稀に見る補正が行われるとか、没問・ミス問が複数発生するとか、合格率がどうなるかとか大いに騒がれた波乱含みの本試験でしたが、みなさんの結果はいかがだったでしょうか...
 
完全合格の得点をしていた方以外は、どの科目がどのように補正されるのか、本試験当日に冷や汗を垂らしながら、手に汗握って自己採点をした瞬間から今日のこの合格発表の瞬間までさんざん消耗した方もいらっしゃるのではないでしょうか。(私も受験時はそうでしたのでよくわかります。)
本当にお疲れ様でした。
改めて社会保険労務士試験は試験前の勉強はもちろんのこと、試験後の合格基準の発表待ちも本当に恐ろしい、心臓に悪い過酷な試験なんだとしみじみ感じています。
 
◎合格された方、
本当におめでとうございます。心からご祝福申し上げます。
 
◎残念ながら不合格だった方、
まったく合格基準に及ばなかった方は来年は確実に合格されることを陰ながらお祈りしています。
 
惜しいところで(悪魔のような補正のいたずらで)ギリギリ合格基準に達しなかった方、選択式の1問に泣いた方、本当に心中お察しします。
悔しくて悲しくて堪らないのではないでしょうか...
 
そんな方のもって行き場のない憤りや、どこまで行っても納得できない試験制度に対する不信感を少しでも代弁するために、また来年以降この社労士試に挑戦しようと考えている方にこの試験制度を覚悟していただくために、今年の合格基準や過去の補正(救済措置)、試験制度の概要とともに、少しこの試験制度における合格基準の補正(救済措置)について触れさせていただきます。
 

 

 
【1】平成27年度(2015)第47回社会保険労務士合格基準
(択一式)
合格点:45 
救済:なし
(選択式)
合格点:21 
救済:労一2、社一2、健保2、厚年2
※労災の救済なし
詳しくはコチラ
↓↓↓
 
【2】社会保険労務士試験の択一式と選択式の合格基準
いま一度確認の意味でまとめておきます。
これだけ救済措置(補正)が毎年当り前になってしまうと、この合格基準に本当に意味があるのかどうか甚だ疑問ではありますが...
◆択一式
・各10問×7科目、全70問で毎年変動する合格基準となる得点を取らなければならない
・各科目4問以上正解しなければならない
・問題の難易度によって上記基準が下がる救済措置(補正)が行われることがある
◆選択式
・各5問×8科目、計40問で毎年変動する合格基準となる得点を取らなければならない
・各科目3問以上正解しなければならない
・問題の難易度によって上記基準が下がる救済措置(補正)が行われることがある
◆合格基準
択一式、選択式の合格基準を共に満たせば合格
 
【3】主要資格学校(予備校)の予想合格基準
◆TAC
(択一式)
合格点:42-43 
救済:なし
(選択式)
合格点:22-23 
救済:労災2、労一2、健保2
◆LEC
(択一式)
合格点:42
救済:なし
(選択式)
合格点:23 
救済:労災2、労一2、健保2
◆資格の大原
(択一式)
合格点:42
救済:なし
(選択式)
合格点:25 
救済:労災2、労一2、社一2、健保2、厚年2
◆ユーキャン
(択一式)
合格点:41-43 
救済:健保
(選択式)
合格点:21-23 
救済:労災2、労一2、健保2、国年2
◆IDE社労士塾
(択一式)
合格点:40-42 
救済:雇用
(選択式)
合格点:22-23 
救済:労災2、労一2、健保2
◆クレアール
(択一式)
合格点:43-44 
救済:なし
(選択式)
合格点:23 
救済:労災2、労一2、社一2、健保2、国年2
 
以上主要6社の予想でした。
これだけ見てもいかに予想が割れていたのかがよくわかります。
しかも惨敗です...
それほど今回の本試験は波乱要素を含んでいました。
 
【4】平成25年度・平成26年度の合格基準(救済措置)
近年合格率が過去最低だった平成25年度と、合格率がV字回復した平成26年度の合格基準を載せておきます。
 ◆平成25年
(合格率)
 5.3%(史上最低)
(択一式)
合格点:46
救済:なし
(選択式)
合格点:21 
救済:労災2、雇用2、社一1、健保2
◆平成26年
(合格率)
9.3%
(択一式)
合格点:45 
救済:一般常識
(選択式)
合格点:26 
救済:雇用2、健保2
 
【5】受験申込者数の推移
◆平成25年
(受験申込者数)
63640人
(受験者数)
49292人
(受験率)
77.5%
(合格者数)
2666人
(合格率)
5.4%
◆平成26年
(受験申込者数)
57199人(前年比ー6441人)
(受験者数)
44546人(前年比ー4746人)
(受験率)
77.9%
(合格者数)
4156人(前年比+1490人)
(合格率)
9.3%(前年比+3.9%)
◆平成27年
(受験申込者数)
52612人
(受験者数)
40712人
(受験率)
77.4%
(合格者数)
1051人
(合格率)
2.6%(過去最低)



平成26年の合格率は、試験史上最も低い合格率となった平成25年の5.4%を3.9ポイント(ちなみに、前年からの3.9ポイントの上昇幅は、史上最大)アップの9.3%でした。

この9.3%は、平成19年(10.6%)以来の高い合格率でした。

平成25年の史上最低の低合格率は、受験者には「5.4%ショック」ともいうべき悲劇ともいうべき結果となり、その影響か平成26年の受験申込者数は、平成25年から6441人も減少(受験料収入をみても、約6,000万円の減収)しました。

このような状況から、平成26年の合格率が平成25年の5.4%から9.3%へV字回復した大きな要因は、受験申込者数の減少に歯止めをかける意図が働いたのではないかと当時業界では囁かれました。

にもかかわらず蓋を開けてみると、今年(平成27年)の受験申込者数の速報は52600人で平成26年からさらに約4600人も減ってしまいました。

このことが今年の合格率にどのように影響したのでしょうか...

 

【6】特殊な試験制度を覚悟する

ここまで見てきました通り社労士試験の試験制度は実に特殊です。

身に付けた知識量が公平に合格に直結する試験ではないと思っています。

事実私は平成26年の本試験では選択式は労一の2点失点(得点3点)だけでしたが、択一式は決して高得点とは言えない48点でした。

この年の択一式で60点前後取って、労一の選択式のたった1点で涙をのんだ人が数多くいたと聞いています。

※労一に関しては過去平均点がいくら低くても救済されなかったという釈然としない事実もあります。

これが公平に実力(知識量)が反映される試験と言えるでしょうか?

でもこれが社会保険労務士試験の現状なのです。

言い換えればこれが私のように択一式でトップクラスの人に対して48点÷60点=80%足らず(実はもっと低いかもしれません。)の知識量しかなくても合格できてしまう試験制度なのです。

 

さらに言うと私の平成26年の労一の選択式(得点3点)は運です。

恥ずかしながらヤマ勘で選択肢をマークしました。

 

もし労一の得点3点のうち1点でも失点していれば(そのヤマ勘が外れていれば)、他が満点でも不合格なのです。今でもそのことを考えると冷や汗が流れてきます。「それが資格試験、同じ土俵でみんな戦っている」と言われればそれまでですが、なんとなく違和感をぬぐい去れません。

たまたま合格した私ですらそうなのですから、そうでない方の心痛は想像に難くありません。

 

これほど運が大きなウエイトを占める試験が、今後益々難しい問題を抱える労務や社会保障で重要なミッションを担うべき社会保険労務士の資格を与えるための適正な試験と言えるのでしょうか?

 

※参考 社会保険労務士の業務

(1号・2号業務)・・・独占業務

書類作成業務・提出代行業務

労働及び社会保険に関する法令に基づいて行政機関等に提出する申請書類等を作成すること。申請書等について、その提出に関する手続きを代わってすること。

 

(3号業務)・・・誰でもできる

コンサルティング業務

事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働関係諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、又は指導すること。

 

私などがいくらこんなところで吠えても何の影響力もありませんが、この試験制度が今後も変わらない以上、再受験する方や今からこの資格に挑戦しようと考えている方は、まずはこの厳しい試験制度を覚悟した上でチャレンジ(勉強)していただきたいと思います。

 

※社労士試験までの流れ(一年あっという間です)

3月中旬 受験案内等の請求受付開始

4月中旬 試験要領が官報公告

4月中旬から5月末 申込書の配布、受付

8月上旬 受験票送付

8月下旬 本試験(日曜日)

11月上旬 合格発表

 

【7】社労士試験制度における合格基準の補正(救済措置)に一言

最後にもう一言、言わせていただきます。

 

「もうそろそろこの試験制度を見直す時期に来ているのではないでしょうか?」

 

合格基準の補正(救済措置)が毎年確実に発動されているにも関わらず、その救済科目の決定方法が明らかにされているとはお世辞にも言えない試験です。

平均点に連動して(平均点の低い順に)救済されているわけではないことは明白です。

何を根拠にこの科目は救済してこの科目は救済しないと決定しているのか、その基準らしきものが一部明確になったとは言えその全貌は以前藪の中です。

補正する科目によって合格者はまったく違う顔ぶれになってしますのです。

各科目の重要性(救済されやすい)に強弱があるのであれば事前に開示すべきではないでしょうか。

そうでなければ救済科目の決定の恣意性を否定できないのではないでしょうか。

これではすべてを犠牲にして、死に物狂いで勉強してきたにもかかわらず、腑に落ちない、フェアと言えない、不公平感漂う合格基準で、選択式の足切り1点等で涙を呑んだ受験者が報われません。

 

※択一式も選択式もその合格基準(救済含め)の決定根拠を受験者に納得の行く形で開示するべきではないでしょうか... 

 

 

できることなら、実力がより試験結果に反映する方法に改定されることを願いつつ今日の記事は締めさせていただきます。

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。

 

 

 

★業界騒然!社労士試験の合格率について

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★私がやった社労士試験の勉強法について

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★とっておきたい必置資格!衛生管理者
↓↓↓
 
 ★資格試験に関すること...
↓↓↓

 

◎モチベーションを保つには...

↓↓↓

 

★簿記は必須

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★行政書士試験について

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★行政書士試験の講評まとめ

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

※こちらは社労士試験の情報満載です。

↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村