読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

【速報!2015宅建士試験運命の合格発表】合格ライン・合格率に関する注目データは今年も適用されるのか?

f:id:hikarujinzai:20151201054435j:plain

 

★2016年度版はこちらです!

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

 

 

★2015年12月2日 0:30現在

 

◎2015年(平成27年)宅建士試験

※2015年12月2日発表

 

【運命の合格ライン】

31点

【合格率】

15.4%(昨年17.5%)

【合格者数】

30,028人

 

 

★宅建士試験ドラマもついに幕引き...

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★速報ベースでデータ検証

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★2015管理業務主任者試験情報

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★不動産資格トリプルクラウン

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

 

宅建士試験を受験したみなさん、こんにちは!

いよいよ運命の合格発表ですね。

ボーダーライン上のみなさんは約1ヶ月半本当にお疲れ様でした。

私も受験時はボーダーライン上でしたが、今でもこの1ヶ月半の時間は良くも悪くも忘れられない記憶となっています。

みなさんはいかがですか?

 

2015の宅建士試験合格発表前の記事はこの記事が最後になります。

ほんとうに1ヶ月半、多くの方にこのブログをチェックしていただき震えるほど感謝しております。

自分の受験時を思い出し、「こんな情報があったら読みたいな...」という一点で結構な数の記事を散乱してきましたが、ボーダーライン上で悶々としている方の少しくらいは癒しになったのであればこれ以上ない喜びです...。いかがだったでしょうか?

 

合格発表直前として最後の記事は、

合格ラインをいち早くお伝えするとともに(記事トップ)

過去10年内の合格ラインや合格率等の注目データが、今年も適用されたかどうか速報ベースで検証してみる予定です。

合格した方も、涙を飲んだ方も、それぞれの想いをお持ちになってチェックしてみてください。

 

ちょっとその前に前置きとして、

・最終の合格ライン予想

・合格発表の昨年の流れ

・合格者向けに資格登録関連

について少しご紹介しておきますので、参考にしてください。

 

【合格ライン予想まとめ(最終)】

 ※2015年12月1日 6:00現在

タキザワ宅建予備校・32ー34

日建学院・・・・・・29ー31

週刊住宅新聞社・・・31-32

資格の大原・・・・・31ー32

LEC・・・・・・・・30ー32

住宅新報社・・・・・32-33

資格スクール大栄・・31

TAC・・・・・・・・30ー32

クレアール・・・・・30ー32

エル・エー・・・・・32-33

九州不動産専門学院・31-33

日本マンパワー・・・30-32

駿台法律経済専門学校30-32

梶原塾・・・・・・・31

保坂つとむ先生・・・31

日建学院:宮嵜先生・30-31

LEC:水野先生・・・30-31

LEC:亀田先生・・・30-31 

LEC:林先生・・・・29-30

宅建ゼミナール・・・30-31(最終予想)

メダリストクラブ・・31

宅建情報ネット・・・32-33

LEC:久保田先生・・31

★当ブログ・・・・・◎31○30 

 

【昨年の合格発表の流れ】

日付が変わると同時に...

◆週刊住宅新聞社facebook

↓↓↓

www.facebook.com

 

◆週刊住宅新聞twitter

↓↓↓

twitter.com

 

で発表されました。

 

さらに9:30頃に...

◆不動産適正取引推進機構のHP

↓↓↓

www.retio.or.jp

 

で合格者の受験番号が発表されました。

今年もほぼ同様の流れが予想されます。

 

【祝!見事合格した方向け】

◎合格後の資格登録について(詳しくは下図参照)

宅建士試験の合格者は、試験を受けた都道府県で資格登録をします。資格登録するかしないかは自由です。登録をしなくても、試験合格の効果が失われることはありません。

また、資格登録を行なうことで、宅地建物取引士証(宅建士証)の交付を受けることができます。

正式に言うと、

  • 試験に合格した時点では「宅建士試験合格者」
  • 資格登録をすると「宅建士資格者」
  • 宅建士証の交付を受けると「宅建士」

になります。

資格登録要件資格登録をするためには、次の3つの要件を満たさなければなりません。

  1. 宅建士資格試験に合格
  2. 実務経験2年以上
  3. 登録の欠格要件に該当しない

登録の欠格要件については、試験科目(宅建業法)に入っていましたのでもう重々ご承知ですよね。

 

◆実務経験が2年未満の場合、登録実務講習を修了すれば、資格登録できます。

私も受講しましたが、登録実務講習とは...

申込をすると、はじめに「通信講座」の教材が送られてきますが、これはあまり気にする必要はないと思います。

通信講座終了後、2日間のスクーリングがあります。各会場にて、物件調査の手法を学び、重要事項説明書や契約書を実際に作成しながら学びます。2日目には修了試験があり、80%以上の正解で合格となります。

因みに修了試験の合格率は99%ですので、余程のことがない限り不合格にはなりません。登録実務講習の修了証は、通信講座を受講し、2日間のスクーリングを受講し、修了試験に合格することで交付されます。

なお、登録実務講習の費用は実施機関により異なりますが、概ね2万円前後のところが多いようです。

私は会場が近かったのでLECで受けましたが、とても優しくて面白い先生でしたよ。ちょっと宅建業者をやりたくなってしまったことを思い出します。

↓↓↓

宅建登録実務講習 - 宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)|資格のことなら合格のLEC

 

 ※出典:LEC

f:id:hikarujinzai:20151125104026g:plain

 

◆次はいよいよ資格登録申請です。資格登録の手続き登録に必要な書類、費用は以下の通りです。これらを都道府県知事に提出します。

  • 登録申請書(記名・押印)
  • 誓約書(記名・押印)
  • 身分証明書(本籍地の市区町村が発行。成年被後見人及び被保佐人ではないこと、破産者で復権を得ない者ではないことを証明する)
  • 登記されてないことの証明書(法務局が発行。成年被後見人及び被保佐人ではないことを証明する)
  • 住民票(申請者本人のみ記載。本籍・続柄記載不要。)
  • 合格証書コピー
  • 顔写真(縦3cm×横2.4cmのカラー写真)
  • 登録資格を証する書面(実務経験証明書や、登録実務講習の修了証など)
  • 登録手数料、37,000円

なお、資格登録申請をしてから資格登録完了(登録通知書が届く)まで、書類に不備がなかったとしても、2か月程度かかります。

 

★ステップアップするなら...

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

 

【 適用されるのか検証!データ注目度ランキング】

【第10位】

過去3年、予想高得点上位2点は合格ラインとならない

◆34点

タキザワ宅建予備校

◆33点

タキザワ宅建予備校

住宅新報社

エル・エー

宅建情報ネット

九州不動産専門学校

宅建の週刊住宅新聞社

 

【第9位】

過去10年の実際の合格点の幅

◆32点~36点

 

【第8位】

TACのサンプルデータ平均点△1~2点

◆30点・31点

 

【第7位】

過去10年の実際の合格者数の幅

◆28,311人~36,203人

 

【第6位】

LECのサンプルデータ平均点±1点

◆30点・31点・32点

 

【第5位】

ユーキャンのサンプルデータ得点分布47.0%以下で最も低い点数

◆30点

 

【第4位】

6年連続的中の日本マンパワーの予想

◆30点・31点・32点

 

【第3位】

覚悟の一点勝負予想

◆31点

資格スクール大栄

保坂つとむ講師

梶原塾

LEC:久保田講師

 

【第2位】

過去10年の実際の合格率の幅

◆15.2%~17.9%

 

【第1位】

ユーキャンのサンプルデータ平均点+3点

◆31点

 

f:id:hikarujinzai:20151201054501p:plain

 

以上が合格ライン・合格率に関する注目データは今年も適用されるのか?!についての注目度ランキングでした。

 

最後に、本当にみなさんお疲れ様でした。

ここまでくればもう贈る言葉も見当たりませんが...

 

合格された方にとっても、

残念な結果になった方にとっても、

 

素晴らしい2016年(新年)となることを心よりお祈りしてこの記事を締めくくります。

 

それでは少し気が早いですが、

 

「よいお年を!!!」

 

【2015宅建士試験のすべてを振り返るなら...】

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

【来年リベンジするなら...】

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com