読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

【浜松町・大門でおすすめのもつ焼き】秋田屋さんの特製たたき&超おいしい「かつをの藁焼き塩たたき」ランチ

今日は久々に仕事で浜松町にきたので、浜松町にきたらお約束になっているかつをのたたきランチともつやき屋さんをご紹介します。

是非みなさんも一度お試し下さい。自信をもっておすすめします。

f:id:hikarujinzai:20160209063210j:plain

 

◆ランチ 

わらやき屋 浜松町

tabelog.com 

浜松町北口改札を出て左前方に見えている高層ビル「汐留ビルディング」の1Fにこのお店はあります。

浜松町駅からは歩いて2分ほどです。

チェーン店ですがクオリティはなかなかのもので、かつをの藁焼き塩たたきが絶品のお店です。

かつをそのもののうまみを引き立てるにはこれしかないと思えるような醍醐味が藁焼きにはあります。

f:id:hikarujinzai:20160209063040j:plain

 

ランチメニューは下記の3品に絞って勝負しています。

因みに私はかつをが死ぬほど好きなので、かつをの藁焼き塩たたき御膳(ちょっとお高めなのが残念)以外は食べたことがありません、悪しからず。

f:id:hikarujinzai:20160209062634j:plain

 

まずはご飯とみそ汁とサラダが出されます。

f:id:hikarujinzai:20160209062712j:plain

 

その後しばらくして(4~5分で)かつをのたたきが盛られた御膳が運ばれてきます。

かつをの藁焼き、見るからにおいしそうでしょう?

塩とワサビとミョウガが薬味としてついてきます。

小鉢は里芋の煮つけです。

f:id:hikarujinzai:20160209062745j:plain

 

かつをはとても身が分厚く、満足の食べ応えがあります。

藁焼きの香ばしさとミョウガの香りが鼻に抜け食欲をそそります。

塩とワサビをまぶしたかつをは、ご飯にも言うまでもなく合いますね。

まったく臭みもありません。

f:id:hikarujinzai:20160209062918j:plain

 

卓上に置かれている薬味です。

正体は不明ですが、ご飯にも合いますし、かつをにも合います。

f:id:hikarujinzai:20160209063002j:plain

 

夜の部のお品書き(ほんの一部)はこんな感じです。

f:id:hikarujinzai:20160209063125j:plain

 

 

 

◆もつやきで一杯

秋田屋

tabelog.com

仕事が終わったので、待ちに待ったもつやき秋田屋さんでちょっと一杯いきます。

これが浜松町・大門で超有名なもつやき屋さん・秋田屋さんの外観です。

昭和4年創業の歴史と風格を感じますね。

この秋田屋さんは、15:30のオープン直後から閉店まで常にサラリーマンで大賑わい・大混雑です。

10人程度が飲める立ち飲みスペースもあります。

f:id:hikarujinzai:20160209063534j:plain

 

もつやきメニューの看板です。

この看板を見るだけで、絶対においしいだろうと予測がつきますよね。

一人で行くと一本から注文できますが、二人で行くと二本一皿の注文になります。

f:id:hikarujinzai:20160209064707j:plain

 

七味も豪快ですね(笑)

煮込みやもつやきにドバっとかけましょう!

f:id:hikarujinzai:20160209064758j:plain

 

これがいつも注文するキリンレモンハイです。

いつも思うのですが、かわいいネーミングですよね。

すっきりした味わいで果汁感もあり、いわゆるキリンレモンほどは甘くないような気がします。

レモンカットの大きくて絞り甲斐があります。

f:id:hikarujinzai:20160209064829j:plain

 

いつも最初に注文する自家製塩辛です。

イカワタが新鮮で、磯の香りを満喫できます。

すぐ出てきますので、もつやきが焼けるまでのつなぎに最高です。

f:id:hikarujinzai:20160209064914j:plain

 

いよいよもつやきです。

大ぶりでホント食べ応えがあります。

いつも注文するレバー、たん、なんこつ、かしら、はつです。

どれひとつ欠かすことができません。

たっぷりつけてくれるいい色したからしもうれしいですね。

f:id:hikarujinzai:20160209064954j:plain

 

はつのアップ

f:id:hikarujinzai:20160209065221j:plain

 

たんのアップ

f:id:hikarujinzai:20160209065258j:plain

 

なんこつのアップ

f:id:hikarujinzai:20160209065330j:plain

 

レバーのアップ

f:id:hikarujinzai:20160209065401j:plain

 

かしらのアップ

f:id:hikarujinzai:20160209065451j:plain

 

なんといってもお目当ての秋田屋名物・特製たたきです。

豚のなんこつを叩いてほとんどツナギを使わずにだんごにしていますので、コリコリ・しゃきしゃきした食感が最高です。

甘すぎず辛すぎず、ちょうど良い絶妙なタレに青のりがとても合っています。

「お一人様一本限り」となっていて、このレア感がテンションを上げてくれます。

f:id:hikarujinzai:20160209065148j:plain

 

特製たたき(肉だんご)の断面図です。

しゃきしゃき・じゅーが画像から伝わりますでしょうか。

思い出すだけでよだれが・・・

f:id:hikarujinzai:20160209065041j:plain

 

2杯キリンレモンハイを飲んで、確かお代は2,000円ちょっとだったと思います。

今日いただいたもの以外にも「煮込みどーふ」や珍しい「くさや」、「たこやき・いかやき・げそやき」などもとにかく絶品なのですが、またの機会にご紹介します。

どのネタもどんどん売り切れていきますので、お早目の入店をおすすめします。

 

★秋田屋さんメニュー

にこみ500

にこみどーふ500

くさや大1600中800小600

鮭かまやき500

ししゃも450

帆立貝500

たこやき450

いかやき450

げそやき450

さけひすなます450

めかぶ酢400

ねぎ二本350

ししとう二本350

エシャレット400

もろきゅう350

にらおひたし300

お新香ぬか漬け300

一夜漬け300

湯どーふ350

やっこどーふ350

きぬかつぎ350

自家製塩辛400

なまこ酢500

たたき肉だんご220(お一人様1本限り)

もつやき二本一皿360円


キリンレモンハイ400

キリンのハイボール400

瓶ビール580

高清水大1300小550

冷酒350

ウイスキーダブル400

黒生ビール小500

 

★吉田類(酒場放浪記)も当然訪れています!

↓↓↓

吉田類の酒場放浪記 BS-TBS | お店情報

 

吉田類の散歩酒

吉田類の散歩酒

 

  

 

 

 

芝大門から見た東京タワーです。

飲んだ後(夜景)のライトアップされたタワーは幻想的でとてもきれいですよ。

f:id:hikarujinzai:20160209065534j:plain