ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

【選択式易化?択一式難化?】昨年の反動でサービス回になるのか...平成28(2016)年度社労士試験の難易度・合格ライン・救済措置に関する講評・総評・コメント集

 

 

f:id:hikarujinzai:20160828071344p:plain

  

★NEW 2016年度 運命の合格発表

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

 

 

※平成28年10月4日 6:00現在

 

【資格学校・講師陣の合格ライン・救済措置予想】

 

◎ide社労士塾

■選択式 25点前後

救済 労一・雇用・健保・社一に可能性あり

■択一式 41~44点に可能性あり

救済 なし

 

◎辰巳法律研究所

■選択式 25点

救済 労一・雇用・健保 2点

■択一式 44点

救済 なし

救済科目はなしと予想しているが、国年・厚年・常識・健保の可能性を捨てきれない

 

◎ユーキャン

■選択式 24~26点

救済

労一

2点以上となる可能性が高い

■択一式 44~46点

救済 なし

 

◎TAC

■選択式 24~26点

救済

労一 

2点補正可能性あり(五分五分)

ただ受験生が2点に集中した場合補正が見送られる可能性もあり

雇用

労一に比して補正が行われる可能性は低い

■択一式 44~45点

救済 なし(わずかに国年)

 

◎安全衛生普及センター

■選択式 23~25点

救済

労一 2点救済の可能性8割程度

雇用 2点救済の可能性6~7割程度

社一・健保・厚年・国年から2科目程度2点救済の可能性あり

■択一式 44~46点

救済

可能性は低い

 

◎フェニックスアカデミー

■選択式 24~26点

救済

労一 可能性高い

雇用・健保 可能性あるが高くない

■択一式 44~45点

救済 なし

 

◎クレアール

■選択式 25点

救済 労一・その他2科目くらい

■択一式 45~46点

救済

なし

 

◎山川予備校

■選択式 26点

救済 雇用・労一・健保 2点

■択一式 45点

救済 なし

 

◎資格の大原

■選択式

救済可能性高い 労一

救済可能性あり 雇用・社一・健保・厚年

■択一式 45点 

 

◎LEC

■選択式 24点

2点救済があってもおかしくない 健保・雇用

2点救済の可能性がないとは言い切れない 労一

■択一式 45点

救済 なし

 

◎LEC澤井講師

■選択式

救済 労一の救済確率 50%

■択一式 45~47点

 

 

社労士試験を受験した皆さんこんにちは!

本試験本当にお疲れ様でした。

試験問題は難しかったですか?

思ったより易しかったですか?

手応えはいかがですか?

\(^o^)/ ですか?

_| ̄|○ ですか?

 

何時間か経過し、そろそろ冷静な思考回路が戻ってきたでしょうか?

試験の出来栄えが気になって、他のことは何も考えられない心理状態でしょうか?

(私も受験当時は合格ラインが気になってまったく何も手につきませんでした。)

 

本試験も粛々と終了し、資格学校の解答速報や予想合格ライン・予想救済措置も徐々に公表されはじめます。

★各資格学校がはじき出した選択式の平均点・得点分布

↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★各資格学校の予想合格ライン・救済措置

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★資格学校の予想的中実績

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★このサイトでチェック!

 ↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

 

 

 

ただ残酷なことに、正式な合格ラインと救済措置は11月11日の合格発表日まで公開されません。

その合格発表日まで、この合格基準を巡って各方面で喧々諤々活発な議論が繰り広げられます。

各資格学校の採点サービスから得たデータも徐々に明らかになり、合格発表日に向かって合格基準予想が収斂されていきます。

 

でもどこまでいっても予想は予想なので、下駄を履くまで何が起こるかわかりません。

特に今年は昨年度が驚愕の結果だったので、予想し辛い年度であると言えます。

※2015年度試験について

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

合格率が、 

例年通りの7~8%になるのか?

昨年の反動で10%前後の大盤振る舞い(サービス回)になるのか?

昨年の流れを引き継いで2~3%の難関資格になるのか?

大注目の第48回社労士試験です。

受験した方にとってはお気の毒ですが、かなり悩ましい年度になりそうです。

 

試験センターがこの合格率がどのように決めているのか不明ですが、ある程度合格率を平準化させているのであれば(昨年のような鬼畜年度もありますが)、試験の難易度が合格ラインを左右することは言うまでもありません。

一般的なことをいう言うと難易度が高ければ高いほど合格ラインは下がり、難易度が低ければ低いほど合格ラインは上がる傾向にあると言えます。

つまり、試験の難易度は受験前の心理としては下がって欲しいけど、受験後の心理としては上がって欲しいということになるわけです。

 

そこで気になるのが資格学校や講師陣の試験問題の難易度に対する講評・総評・コメントです。

いろんな資格学校がそのノウハウを駆使して、試験の講評を発表します。

私も受験時はこの講評を貪るように必死に探して読んでいました。

そして「難化」というワードを見つけては無邪気に喜んでいました(笑)

 

その注目の講評・総評・コメントを当記事で全力で探し、まとめます。

見つけ次第追加・更新していきます。

各講評のさわりの部分と各URLを貼り付けていきます。

(資格学校・講師のみなさんにはこの場をお借りしてご協力をお願いいたします。)

 

ボーダーライン上の社労士試験受験者は是非ご一読ください。

そして絶対に合格発表日まで希望を捨てないでください。

何度も言いますが、社労士試験は(特に今年は)何が起こるか最後までわかりませんので。

 

※当ブログが考えるボーダーライン

難易度にもよりますが、概ね

・択一式で50点前後、各科目4問以上

・選択式で各科目3問以上

得点している方は合格確実ですので、合格発表まで高みの見物をしてください。

★この記事がおすすめ

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

  

難易度にもよりますが、概ね

・択一式で40点未満、一科目でも2問以下

・選択式で一科目でも0問

だった方はちょっと今回は厳しいので気持ちを切り替えて次の方向性を考えましょう。

 

この間にはさまれたレンジの方は広い意味でボーダーラインです。

諦めずに合格発表日までお付き合いください。

 

 

 

それでは第48回社労士試験に関する情報を心ゆくまでチェックしてください。

◆随時更新

◎ユーキャン 無料合否診断サービス

◆診断結果報告 全体総評

 

本年度の合格ラインは、選択式が「全体25点前後、科目基準点は労一で2点までの引下げの可能性が高い」、択一式が「全体の45点前後、科目基準点は引下げなし」と予想しました。選択式・択一式ともに、難問もありましたが、昨年度と比較すると得点を重ねやすい内容でした。

全体的なレベルとしては、選択式は平成24年度試験、択一式は平成26年度試験に近いといえます。選択式は、昨年度と同様に「労一」が難しく、平均点も1.98点と非常に低いものでした。この科目で3点以上得点できていたのは全体の30%未満であり、過去には同割合が50%前後であった科目について基準点の引下げが行われている例も多いことなどから、今回の「労一」の基準点の引下げの可能性は比較的高いものと判断しています。択一式は、社会保険科目において得点状況の差(出来・不出来の差)が大きな設問が極めて多く、例年よりも鮮明に、受験者間の実力差が得点に表れています。社会保険科目の出来が合否を大きく分けそうです。

 

◎ユーキャン

◆平成28年度試験の総括~選択式各科目の全体的な難易度とそれぞれの特徴

 

労安

4点前後の確保が十分に可能です。

労災

3点以上の確保が十分に可能です。

雇用

3点以上の確保が十分に可能です。

労一

基準点が2点以上に引き下げられる可能性が高いと考えます。

社一

3点以上の確保が十分に可能です。

健保

何とか3点の確保は可能であったと考えます。

厚年

3点以上の確保が十分に可能です。

国年

何とか3点の確保が可能であったと考えます。

 

★ユーキャン「ASSIST」より 

 

TAC

◆講評

 

労一については、平均点が3点を割り込んでいることから、合格基準点を2点とする補正が行われる可能性があるが、受験生の多くが2点に集中した場合、補正が見送られる可能性もある。

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社会保険労務士試験 解答速報| 資格の学校TAC[タック]

 

◎安全衛生普及センター

◆平成28年社労士試験の総括と合格予想基準

 

選択式の救済

労一 2点救済の可能性8割程度

雇用 2点救済の可能性6~7割程度

社一・健保・厚年・国年から2科目程度2点救済の可能性あり

  

★詳しくはこちら

↓↓↓

【社会保険労務士 平成28年社労士試験の総括と合格予想基準】一般財団法人 安全衛生普及センター

 

 ◎大原Vサポート

◆本試験全問分析(解答解説資料)

 

(選択式)

雇用 

2点以下割合 38.4%

5点 7% 4点 24% 3点 31% 2点 23% 1点 12% 0点 3%

労一

2点以下割合 66.5%

5点 1% 4点 4% 3点 28% 2点 37% 1点 24% 0点 6%

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

平成28年社会保険労務士試験 本試験全問分析①: 社労士受験生のための情報発信基地 大原Vサポート!!

 

◎ユーキャン

◆平成28年度試験が終わって

 

平成28年度試験 選択式は全体的に普通レベル 択一式は昨年度よりは得点しやすい

 【選択式】 全体的に普通レベルであり、難易度のバランスがよい。

 【択一式】 実力が反映されやすく、昨年度よりは得点しやすい。

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社労士 第48回(平成28年度)社会保険労務士試験 解答速報|生涯学習のユーキャン

 

◎フェニックスアカデミー

◆講師好評&予想合格ライン

 

【全体について】

全体的には、択一式、選択式ともに、平均的なレベルの問題でした。

昨年見受けられたような、難しいレベルの問題はありませんでした。

合格ラインは、択一式は44点~45点、選択式は25点±1点を予想しています。

⇒救済の予想、各科目についてのコメント等については、下記のそれぞれのコメントをご覧ください。

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

平成28年度試験 講師講評&予想合格ライン アップしました! | 社労士 | 試験にうかる!わかる講義のフェニックスアカデミー

 

◎クレアール

◆2016年本試験徹底分析会①(本試験概況)

 

選択式の合格ラインは25点

救済は労一

プラス雇用、健保等から2科目

 

択一式の合格ラインは45~46点

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社労士試験 解答速報掲載・本試験分析会実施のお知らせ |社会保険労務士合格ならクレアール

 

◎LEC

◆講評及び合格推定ライン

 

選択式対策をきちんと行っていた方にとっては、いずれも3点は取れる問題であった。しかし、健康保険法は、独学層には難問と考えられる。また、雇用保険法は、目的条文の詰めが甘かった方が多かったらしく、思いのほか点が伸びなかった。この2科目については、独学層が受験者全体の点数を下げている可能性が高く、2点補正があってもおかしくない。

 

★詳しくはこちらから登録

↓↓↓

本試験解答速報| 社会保険労務士・社労士 | LEC東京リーガルマインド

 

◎LEC 社労士研究所ブログ

◆SAWASENのラジオブログ第4回

 

選択式、労一の救済確率 50%

択一式、救済はなし、総得点の合格ラインは45~47点

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

sawasenのラジオブログ 第4回 オンエア!今回は本試験特集!澤井先生の講評と、応援メッセージが聞けるよ!: LEC社労士総合研究所のブログ

 

 

◎LEC 澤井講師のブログ

◆平成28年度本試験・択一式について

 

さて、今日は択一式試験の所感です。

全体については、むずかしいと感じた昨年より内容的には難易度は下がったものの、個数問題が3つ増えて7つとなったことで、相対的な難易度はほぼ前年並みだと思います。

つまり、けして易しくはない内容であったということです。

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

sawasenのブログクラス : 社労士・合格一直線1158「平成28年度本試験・択一式について」

 

 

◎クレアール (非常識合格法)

◆合否分析

(選択式)

平均点

259名

労安 4.2

労災 4.2

雇用 2.9

労一 2.3

社一 3.4

健保 3.5

厚年 3.6

国年 4.1

合計 28.2

 

(選択式「労一」得点分布)

5点 1.2%

4点 9.1%

3点 28.8%

2点 43.6%

1点 14.0%

0点 3.3%

 

(択一式)

257名

労安 5.8

労災 6.2

雇用 6.3

常識 5.8

健保 6.1

厚年 6.4

国年 5.3

合計 41.9

 

★詳しくはこちらから登録

↓↓↓

第48回(平成28年度)社会保険労務士試験 解答速報「合否分析。」

 

 

◎フォーサイト

◆第48回社会保険労務士試験内容の講評

 

「労務管理その他の労働に関する一般常識」は、労働経済からの出題で、A~Cは、最近、択一式で頻出の就労条件総合調査に関する問題でした。平成22年度の択一式で論点にされた箇所を含んでいたので、いくつかは埋めることができたのではないでしょうか。
Dは出題内容と選択肢から正解を選び出すことは可能ですが、Eは確信をもって解答できた受験生は少ないでしょう。
これらのことから、なんとか3点を確保することができなくはないところです。労務管理その他の労働に関する一般常識は、難しい問題が出ても、基準点が下がることがあまりない傾向があるので、引下げは受験生の得点状況次第といえます。

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社会保険労務士試験内容の講評|通信教育のフォーサイト

 

 

◎資格の大原

◆合格ライン予想会動画(金沢講師)

 

合格ライン

択一式 45点

選択式の救済

労一 可能性高い

雇用・社一・健保・厚年 可能性あり

 

f:id:hikarujinzai:20160902080351p:plain

 

★詳しくはこちらから登録

↓↓↓

社会保険労務士試験 合格ライン予想会<資格の大原>

 

 

◎LEC 若井講師のブログ

◆社労士試験終了

 

今年の問題は、奇問難問がほとんどなく

基本問題が多かったように思われます。

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社労士試験終了 ( 習いごと ) - 札幌の社労士だべさ - Yahoo!ブログ 

 

 

◎TAC 渡辺講師のブログ

◆社会保険労務士試験 終了!

 

今年から選択式試験が午前に移り(戻り)、

お昼休みに

午前のできが、気になる気持ちをおさえつつ、

午後の択一式試験を乗り切ることができたでしょうか?

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社会保険労務士試験 終了!|社会保険労務士・行政書士nabeのブログ

 

 

◎山川予備校

◆山川靖樹の本試験検証会2016

 

合格ライン予想

択一式 45点 救済なし

選択式 26点 雇用・労一・健保 各2点救済

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

2016年度社労士本試験 解答速報検証会-1

 

 

◎LEC 社労士総合研究所ブログ

◆2016年社労士本試験 所感(滝講師)

 

難易度的には、選択式が易しくなっているため、昨年度の本試験よりは、やや易しくなったとの印象がある

 

労一補正されない可能性も相当ある

 

労一2点組は今年も11月11日まで相当メンタルに悪い

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

2016年 社労士本試験 所感: LEC社労士総合研究所のブログ

 

 

◎フォーサイト加藤講師のブログ

◆第48回社会保険労務士試験

 

選択式については、極端に難しいという問題はありませんでした。

ただ、労災保険法の通達からの出題や労務管理その他の労働に関する一般常識の労働経済に関する問題は、苦戦された方もいたようです。

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義 » 8月29日 第48回 社会保険労務士試験

 

 

◎LEC澤井講師のブログ

◆労働一般救済の可能性

 

(途中から)

ここで過去の4肢選択の原則を検証してみます。

特定の番号がない確率100%→今年も一致(①③がない)

特定の番号が3つ以上80%→一致(②が3つ)

選ぶべき番号の順序①33%⇒②30%⇒④27%⇒③10%→今年は③が選ばれない⇒一致

特定の番号に偏る傾向→今年も一致

 

救済の可能性

あり

確率50%程度

救済点2

 

昨年も4択で救済が入りました。よって可能性としては救済が入る確率はあります。

昨年と似ていますが、難易度的には今年の方がやや易しい印象でした。

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

sawasenのブログクラス : 社労士・合格一直線1157「平成28年度本試験・労働一般救済の可能性」

 

 

◎LEC 平均点

◆無料成績診断

(選択式)

平均点

504名

労安 4.0

労災 4.3

雇用 2.7

労一 2.1

社一 3.4

健保 3.1

厚年 3.3

国年 3.7

合計 26.7

 

(択一式)

500名

労安 5.7

労災 5.9

雇用 6.0

常識 5.3

健保 5.5

厚年 5.6

国年 4.7 

合計 38.8

 

★詳しくはこちら登録

↓↓↓

本試験解答速報| 社会保険労務士・社労士 | LEC東京リーガルマインド

 

 

◎TAC 平均点

◆データリサーチ

(選択式)

平均点

1,810名

労安 4.1

労災 4.2

雇用 2.8

労一 2.1

社一 3.4

健保 3.3

厚年 3.2

国年 3.9 

合計 27.0

 

(択一式)

平均点

1,810名

労安 5.7

労災 5.9

雇用 6.1

常識 5.3

健保 5.5

厚年 5.7

国年 4.7

合計 38.9 

 

★詳しくはこちらから登録

↓↓↓

社会保険労務士試験 解答速報| 資格の学校TAC[タック]

 

 

◎辰巳法律研究所

◆平成28年本試験講評ストリーミング

 

(選択式)

昨年に比べるとかなり解きやすい

救済があるとしたら「労一」だけ

(択一式)

現時点では救済はないと判断

難問・奇問は多くない

安衛法は捨て問

昨年に比べると若干平易

合格ラインは現時点で私感では最低でも昨年同様+1~2点

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

http://www.tatsumi.co.jp/cgibin/sharoushi/kouhyou2016/kouhyou_index.html

 

 

◎資格の大原

◆講評動画(金沢講師)

 

選択式も択一式も難易度は例年に比べて「普通」

選択式科目別難易度

労安 易

労災 易

雇用 普

労一 難(A難B難C普D難E難)

社一 普

健保 普

厚年 普

国年 普

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社会保険労務士|社会人講座|<資格の大原>

 

 

◎クレアール

◆選択式解答解説動画(北村講師)

 

労一は基準点が下がる可能性が高い

他は3点取れる問題

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社労士試験 解答速報掲載・本試験分析会実施のお知らせ |社会保険労務士合格ならクレアール

 

 

◎ユーキャン

◆講師はこう見る~選択式・択一式(動画)

 

(選択式)

昨年よりは点が取りやすかった印象

(択一式)

昨年より取りやすい科目が増えた

ページ数も5ページダウンし取り組みやすかった

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

社労士 第48回(平成28年度)社会保険労務士試験 解答速報|生涯学習のユーキャン

 

 

◎LEC

◆選択式解説動画

 

(選択式)

労一以外は救済される可能性は低い

(択一式)

昨年と比べ問題量は減ったが個数問題が7問と倍増

現時点では47点以上取れ足切りなければ合格可能性高い

全体のレベル感は昨年より難しく感じる

 

★詳しくはこちら

↓↓↓

本試験解答速報| 社会保険労務士・社労士 | LEC東京リーガルマインド

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

◎試験本番での小ワザ10個 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

◎絶対にやっておこう!採点サービス・合否判定 

hikarujinzai.hatenablog.com

  

◎過去10年の合格ライン・救済措置 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

◎おすすめ社労士試験勉強法 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

◎直前期の追い込み 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

◎資格試験に合格する人・落ちる人 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★マークするのが楽しくなるシャープペンシル 

ステッドラー シャープペンシル 1.3mm 771

ステッドラー シャープペンシル 1.3mm 771

 

  

※社労士試験の情報満載です!

↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村