ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 最近少しダイエット中...

【33点vs34点一騎打ち】8つのデータから2017年宅建試験合格点予想「本命・対抗」の自信度を確定!

f:id:hikarujinzai:20171020225334p:plain

 

◎2016の34点vs2017の33点

www.hikarujinzai.com

 

◎33点組に捧ぐ!

www.hikarujinzai.com

 

◎宅建試験の情報収集するなら・・・

www.hikarujinzai.com

 

 

2017年度の宅建試験を受験したみなさんこんにちは!

今日は昨日予告した通り、今年の合格ライン予想の本命・対抗と言われている33点と34点にフォーカスします。

当ブログでは「本命34点、対抗33点」と本試験直後に公開しましたが、本当にこの序列で良いのか、それとも逆転しているのか、あるいは横一線なのかを8つのデータから分析します。

8つのデータを大きく2つに分けると、

  • 資格学校(講師陣)の予想
  • TAC・LECの採点サービス平均点

ということになります。

その8つのデータすべてにおいて、33点と34点の直接対決で優劣を決めていきます。

そしてその8つの一騎打ちの勝敗をそのまま予想の自信度に変換する予定です。

 

宅建試験合格ライン予想の最大の重要データ「ユーキャンの平均点と得点分布」が加味されていないのはいささか不安ではありますが、そのことも踏まえて参考にしてみてください。

 

8つの直接対決 

 

 

 

【1】資格スクール大栄の一点予想 

とにかく「資格スクール大栄」の一点予想は理屈抜きにお見事です。

 毎年1点予想で過去8年で5回も当てているのです。

しかも2014、2015、2016とここ3年連続的中しています。

予想方法が精度を増したのか、予想している方が良い薬でも見つけたのか、とにかく確変中です。

この予想はユーキャンの平均点とともに業界全体が大注目しています。

資格スクール大栄に一点予想してもらえれば、晴れて大本命の資格を得たと言ってもいいのではないでしょうか。

今年は果敢にも33点を予想してきました。

 

※過去8年のデータ

平成21年【合格点:33点】予想33点◎

平成22年【合格点:36点】予想35点

平成23年【合格点:36点】予想35点

平成24年【合格点:33点】予想33点◎

平成25年【合格点:33点】予想32点

平成26年【合格点:32点】予想32点◎

平成27年【合格点:31点】予想31点◎

平成28年【合格点:35点】予想35点◎

平成29年 予想:33点

 

<33点vs34点>

33点の勝ち

 

 

【2】日本マンパワーの予想

ここ8年連続で的中させている「日本マンパワー」の予想は信頼度が高いです。

3点予想ではありますが、その連続的中回数は業界随一です。

しかもどうせなら3点予想の中央値(予想の軸)となれれば安心感が増します。

ただ中央値で決着したのは過去8年で直近の3回(2014・2015・2016)だけというのはちょっと嫌なデータではありますが...

毎年無難な予想とも言われていましたが、今年は33点±1点と攻めてきました。

 

※過去8年のデータ

平成21年【合格点:33点】予想:33・34・35点◎

平成22年【合格点:36点】予想:34・35・36点◎

平成23年【合格点:36点】予想:34・35・36点◎

平成24年【合格点:33点】予想:33・34・35点◎

平成25年【合格点:33点】予想:31・32・33点◎

平成26年【合格点:32点】予想:31・32・33点◎

平成27年【合格点:31点】予想:30・31・32点◎

平成28年【合格点:35点】予想:34・35・36点◎

平成29年 予想 :32・33・34点

 

<33点vs34点>

33点の勝ち

 

 

【3】LEC水野講師の熱い予想 

下記のデータのとおり、過去5年連続で水野講師は2点予想で合格ラインを的中させています。

今年はさらに男らしく34点で一点勝負をかけてきました。

一点勝負の常連・資格スクール大栄(33点)とLEC水野講師(34点)の一点予想対決も見応えがあります。

宅建講師の中で一、二を争う「熱い男」の「熱い予想」に大注目です。

★水野講師のブログ

↓↓↓

水野健の宅建・合格魂!養成ブログ

 

※過去5年のデータ 

平成24年【合格点:33点】:予想33・34点◎

平成25年【合格点:33点】:予想32・33点◎

平成26年【合格点:32点】:予想31・32点◎

平成27年【合格点:31点】:予想30・31点◎

平成28年【合格点:35点】:予想35・36点◎

平成29年 予想34点

 

<33点vs34点>

34点の勝ち

  

 

【4】TACのデータリサーチ平均点

下記のデータのとおり、過去8年TACのデータリサーチ平均点の±0、マイナス1~2点で決まっています。

今年は10月28日5:00現在、サンプル数2081人で35.2点となっています。

このデータからの合格ライン予想は、33点・34点・35点となっています。

今回は3つの推定点の中央値となった点数を上位とします。

ただこの平均点は採点サービスの受付が終了するまで刻一刻と変動します。

 

※過去8年のデータ

平成21年:サンプル数  814人 平均35.00点 合格点33点 (平均点-2点)

平成22年:サンプル数1367人 平均36.44点 合格点36点(平均点)

平成23年:サンプル数  710人 平均37.29点 合格点36点 (平均点-1点) 

平成24年:サンプル数  526人 平均35.16点 合格点33点 (平均点-2点)

平成25年:サンプル数  450人 平均34.47点 合格点33点(平均点-1点)

平成26年:サンプル数1500人 平均33.1点 合格点32点(平均点-1点)

平成27年:サンプル数1942人 平均点31.7点 合格点31点(平均点-1点)

平成28年:サンプル数1808人 平均点35.2点 推定点33・34・35点

 

<33点vs34点>

34点の勝ち

 

 

【5】LECの無料成績診断平均点

下記のデータのとおり、過去10年LECの無料成績診断平均点の±1点で決まっています。

今年は10月28日5:00現在、サンプル数3246人で34.0点となっています。

よって、このデータからの合格ライン予想は、33点・34点・35点となります。

今回は3つの推定点の中央値となった点数を上位とします。

(今年から第一弾・第二弾の段階的な公開方法ではなくなった模様でしょうか…)

 

 

※過去10年のデータ

平成19年:サンプル数1499人 平均34.4点 合格点35点(平均点+1点)

平成20年:サンプル数2023人 平均33.2点 合格点33点 (平均点±0点)

平成21年:サンプル数1719人 平均33.8点 合格点33点 (平均点-1点)

平成22年:サンプル数2038人 平均36.3点 合格点36点 (平均点±0点)

平成23年:サンプル数2162人 平均35.7点 合格点36点 (平均点±0点)

平成24年:サンプル数2362人 平均33.2点 合格点33点 (平均点±0点)

平成25年:サンプル数2040人 平均32.4点 合格点33点 (平均点+1点)

平成26年:サンプル数2211人 平均33.4点 合格点32点   (平均点-1点)

平成27年:サンプル数2228人 平均31.2点 合格点31点(平均点±0点)

平成28年:サンプル数2518人 平均34.3点 推定点 33・34・35点

 

<33点vs34点>

34点の勝ち

 

 

【6】宅建ゼミナールの予想

下記のデータのとおり、過去11年宅建ゼミナールの合格ライン予想は抜群の的中率を誇っています。

なんと11年間で10回的中しているのです。

近年は予想点数も1点か2点に絞っていて信頼度MAXです。

今年は第一次予想が「34問又は33問以上正解」との表記となっています。

当ブログではこの記載から34点の方が宅ゼミの自信度が高いと読みます。

(参考)昨年は最終予想で「34点(90%)35点(10%)」と予想して35点決着

ただ第二次予想、最終予想と今後公開予定(予想変更の可能性あり)とのことですので、最後まで目が離せません。

★11月3日 第二次予想公開

合格確率 34問(40%)・33問(60%)

∴33問の勝ち

 

※過去11年のデータ

平成18年【合格点:34点】予想:34・35・36点◎ 

平成19年【合格点:35点】予想:35・36・37点◎

平成20年【合格点:33点】予想:31・32・33点◎

平成21年【合格点:33点】予想:34・35・36点

平成22年【合格点:36点】予想:35・36点◎ 

平成23年【合格点:36点】予想:35・36・37点◎

平成24年【合格点:33点】予想:33・34点◎

平成25年【合格点:33点】予想:33・34点◎

平成26年【合格点:32点】予想:32点◎

平成27年【合格点:31点】予想:31・32点◎

平成28年【合格点:35点】予想:34・35点◎

平成29年 予想:33(60%)・34点(40%)

 

<33点vs34点>

34点の勝ち

33点の勝ち(11月3日変更)

 

 

【7】予想している資格学校(講師)の数

宅建士試験を商売にしている資格学校や講師陣にとって、合格ラインを的中させるということは多少その信用に影響します。

低く予想して当たらないと受験生の期待を裏切るし、高く予想して当たらないと不安を煽っただけで何だったのと批判を受けることにもなりかねません。

つまり威信をかけて(若しくは無難に)当てにきます。

そんな状況下において、予想をしてくれる資格学校が多ければ多いほど本命となり得るのです。

現時点(10月20日)では34点が30社、33点が23社ですが、まだ未発表の資格学校・講師陣の数を勘案してもこのワンツーが入れ替わることはほぼありません。

 

★カウントは下記サイトを参照しました。

↓↓↓

宅建解答速報2017合格ラインと合格点-平成29年の最新予想発表

 

※過去6年のデータ

平成24年【合格点:33点】34点13社 35点12社 33点8社◎

平成25年【合格点:33点】33点24社◎ 34点と32点 15社

平成26年【合格点:32点】33点23社 32点22社◎ 34点13社

平成27年【合格点:31点】31点25社◎ 30点18社 32点17社

平成28年【合格点:35点】35点28社◎ 34点26社 36点13社

平成29年 34点30社 33点23社 35点19社

 

<33点vs34点>

34点の勝ち

 

 

【8】一点予想している資格学校(講師)の数

前項でも書いたように資格学校にとって合格ライン予想は両刃の刃と言えます。

特に一点予想というのは確率論的には的中確率が低いので相当度胸がいります。

当たれば称賛の嵐ですが、ハズれれば一瞬にして忘却の彼方です。

それにもかかわらず一点予想をするということはそれなりの根拠がないとできるはずがありません。

一点予想をしてくれる資格学校が多ければ多いほど本命となり得るのです。

現時点(10月20日)では34点が4社、33点が2社となっています。

まだ合格ライン未発表の資格学校・講師陣が今後2社以上33点の一点予想を出してくるとはちょっと考えづらいので、ほぼ34点優勢でほぼ決まりでしょう。

  

※過去6年のデータ

平成24年【合格点:33】一点予想なし

平成25年【合格点:33】33点4社◎ 32点1社

平成26年【合格点:32】32点と33点 3社◎

平成27年【合格点:31】31点4社◎

平成28年【合格点:35】34点6社 35点5社◎ 

平成29年 34点4社 35点4社 33点2社

 

<33点vs34点>

34点の勝ち

 

 

8つの直接対決の勝敗

33点vs34点の一騎打ちの勝敗

33点 3勝5敗

34点 5勝3敗

 

よって予想の自信度は

本命34点(75%)⇨(62.5%) 

対抗33点(25%)⇨(37.5%)

※宅建ゼミナールの第二次予想公開により変更

 

以上【33点vs34点一騎打ち】8つのデータから2017年宅建試験合格点予想「本命・対抗」の自信度を確定!でした。

本試験直後に発表した予想が覆らなくて安心しましたが、ユーキャンデータがまだ未公開ですし、資格スクール大栄の一点予想が33点だったことを考えると(この一勝は大きな意味を持ちます!)実際の自信度は数値ほど実感できません。

またダークホースで32点や35点で決着する可能性もゼロではありません。

(次回の記事で32点や35点の決着可能性について検証してみる予定です。)

 

今後もTAC&LECの平均点や、宅建ゼミナールの(第二次予想は公開済み)最終予想、そして何と言ってもユーキャンデータに注目していきます。

そして予想ファクターに大きな変動があった場合はこのブログで早々に特集しますので、もしよろしければまたお越しください。

最後になりましたがみなさんの合格を心よりお祈りしております。

 

  

 

その他の宅建士試験に関する記事 

◎不動産関連おすすめ資格

↓↓↓

www.hikarujinzai.com

 

◎宅建士に合格するための10個のツール

↓↓↓  

www.hikarujinzai.com

 

◎宅建士からステップアップ

 ↓↓↓

www.hikarujinzai.com

 

◎管理業務主任者の勉強法

↓↓↓

www.hikarujinzai.com

 

◎来年リベンジするために

↓↓↓

www.hikarujinzai.com

 

  

★クリックしていただければ他の宅建士試験情報を見ることができます!

↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村