ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 高校野球楽しみです...

【クレアール半端ないって!】社労士試験2018択一式合格ライン「47点」も取れるんやったら言っといてや!

f:id:hikarujinzai:20180905221045p:plain

 

youtu.be

社労士試験2018を受験したみなさんこんにちは?

いかがお過ごしですか?

資格学校から合格ライン予想が日々出始めましたので、ボーダーライン上の方はなかなかしんどい時期なのではないでしょうか?

私も受験した当時は各資格学校から予想が出る度に一喜一憂していました。

合格発表まで期間は今思い出しても痺れるような忘れられない期間となりました。

今となっては良い思い出ですが、当事者のみなさんはそんなことは言ってられませんよね。

心中お察しいたします。

これまでの各資格学校の予想をまるっとまとめると・・・

  • 択一式 合格ライン45点前後?救済・常識あるのか?
  • 選択式 国年・厚年・労一・社一が救済される可能性は有るが確実とまでは言い切れない

といったところでしょうか?

当ブログも択一式の本命46点(45点)、選択式の救済「国年」確実、わずかながら「労安」「労一」「厚年」と予想していますので、その裏付けになるようなデータを日々探しています。

 

◎択一式の合格ラインについて

www.hikarujinzai.com

 

◎選択式の救済について

www.hikarujinzai.com

 

そこで今日は、本日公開されたクレアールのデータを使って合格ラインを検証してみます。

択一式は総得点(合格点)、選択式は科目基準点(救済)にフォーカスします。

ちなみに今回クレアールは、択一式の合格ラインをなんと「47点(前後)」と大胆予想しました。

これはなかなかエッジの効いた高めの予想です。

正直なところ「クレアール半端ないって!」といった感じです。

どうしてクレアールがこのような予想を発表したのか検証してみます。

 

★クレアール本試験徹底分析会(動画)▼

youtu.be

 

目次▼

 

 

 

合格基準の考え方

もう一度大前提となる合格基準を確認しておいてください。

◆総得点(平均点に基づく)

前年度の平均点との差を小数点第1位まで算出し、それを四捨五入し換算した点数に応じて前年度の合格基準点を上げ下げする。

◆科目基準点(得点分布に基づく)

科目基準点(選択式3点・択一式4点)以上の得点者の割合が全受験者の50%未満である科目を引き下げる。

ただし、引き下げによる基準点を満たしていない者が30%以上いない場合は、原則として引下げは行わない。

 

 

過去の合格基準

◎平成29年

◆択一式

45点以上

救済:厚年

◆選択式

24点以上

救済:雇用・健保

 

◎平成28年

◆択一式

42点以上

救済:常識・厚年・国年

◆選択式

23点以上

救済:労一・健保

 

◎平成27年

◆択一式

45点以上

救済:なし

◆選択式

21点以上

救済:労一・社一・健保・厚年 

 

 

クレアールの択一式データ

◎平成29年度(9月1日現在)

合計 43.4(合格点:45点 平均点プラス1.8点)

労安 6.3

労災 5.8

雇用 6.2

常識 5.7

健保 6.6

厚年 5.9

国年 7.0

 

◎平成28年度(9月9日現在)

合計 41.6(合格点:42点 平均点プラス0.4点)

労安 5.8

労災 6.1

雇用 6.3

常識 5.7

健保 6.0

厚年 6.3

国年 5.3

 

◎平成27年度

合計 42.6(合格点:45点 平均点プラス2.4点)

労安 6.5

労災 6.5

雇用 5.4

常識 5.6

健保 5.6

厚年 6.8

国年 6.2

 

(傾向)過去3年のデータから択一式の合格点を絞り込むと

  1. クレアールの平均点の最大プラス2.4点
  2. クレアールの平均点の最小プラス0.4点

となります。

 

 

クレアールの選択式データ

◎平成29年度(9月1日現在)

労安 4.2(1点以下)1.4%(2点以下)3.3%

労災 4.3(1点以下)3.1%(2点以下)6.7%

雇用 3.6(1点以下)7.6%(2点以下)18.5%

労一 2.7(1点以下)12.8%(2点以下)42.4%

社一 3.4(1点以下)6.1%(2点以下)20.6%

健保 2.6(1点以下)11.2%(2点以下)46.3%

厚年 3.7(1点以下)7.5%(2点以下)15.8%

国年 3.6(1点以下)7.5%(2点以下)15.5%

 

◎平成28年度(9月9日現在)

労安 4.2(1点以下)4.1%(2点以下)4.9%

労災 4.1(1点以下)3.7%(2点以下)5.8%

雇用 2.9(1点以下)11.1%(2点以下)34.1%

労一 2.3(1点以下)17.3%(2点以下)60.9%

社一 3.4(1点以下)9.5%(2点以下)19.4%

健保 3.4(1点以下)11.5%(2点以下)19.3%

厚年 3.5(1点以下)7.6%(2点以下)17.1%

国年 4.0(1点以下)6.6%(2点以下)13.6%

 

◎平成27年度

労安 3.9(1点以下)2.6%(2点以下)8.0%

労災 2.7(1点以下)11.6%(2点以下)41.4%

雇用 3.9(1点以下)5.3%(2点以下)10.4%

労一 2.0(1点以下)29.4%(2点以下)73.2%

社一 3.5(1点以下)9.8%(2点以下)22.3%

健保 2.8(1点以下)13.1%(2点以下)35.1%

厚年 3.3(1点以下)6.9%(2点以下)20.0%

国年 3.4(1点以下)9.5%(2点以下)24.4%

 

(傾向)過去3年のデータから平均点・1点以下分布率・2点以下分布率を絞り込むと

  1. クレアールの平均点・・・3.6点以下
  2. クレアールの1点以下分布率・・・6.9%以上
  3. クレアールの2点以下分布率 ・・・18.5%以上

となります。

 

 

クレアールデータからの平成30年度合格ライン検証

◎択一式(総得点):平成30年度(9月1日現在)

合計 44.5

労安 6.7

労災 7.1

雇用 6.4

常識 5.1

健保 6.8

厚年 6.4

国年 6.1

∴データからの合格点は平均点プラス0.4~2.4点

45〜47点

※クレアールの実際の合計点予想は…

「47点(救済:常識)」

 

◎選択式(科目基準点):平成30年度(9月1日現在)

労安 3.3(1点以下)8.1%(2点以下)22.1%

労災 3.9(1点以下)0.5%(2点以下)5.5%

雇用 4.3(1点以下)9.9%(2点以下)14.0%

労一 3.0(1点以下)9.5%(2点以下)34.7%

社一 3.1(1点以下)13.1%(2点以下)29.3%

健保 4.0(1点以下)4.9%(2点以下)12.6%

厚年 3.3(1点以下)8.6%(2点以下)27.1%

国年 2.9(1点以下)16.6%(2点以下)39.1%

∴データからの救済候補

労安・労一・社一・厚年・国年

※クレアールの実際の救済予想は…

「労一・社一・厚年・国年」

 

 

 

いかがだったでしょうか?

以上が【クレアール半端ないって!】社労士試験2018択一式合格ライン47点も取れるんやったら言っといてや!でした。

当然と言えば当然ですが、やはり結果はクレアール公表のものと似通ったものとなりました。

  • 択一式合格ライン「45〜47点」
  • 選択式救済「労安・労一・社一・厚年・国年」

この結果はみなさんにとって喜ばしいものとなりましたでしょうか?

みなさんの合格を心よりお祈りしております。

 

※社労士試験の情報満載です!

↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

 

 

 

注目記事

◎択一式合格ラインの導出

www.hikarujinzai.com

 

◎選択式救済科目予想

www.hikarujinzai.com

 

◎講評・総評・動画まとめ

www.hikarujinzai.com

 

◎資格学校の合格ライン的中実績

www.hikarujinzai.com

 

 ◎解答速報・合格ラインまとめ

www.hikarujinzai.com