ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 高校野球楽しみです...

【平成最後の宅建試験2018は波乱か?順当か?】36点決着を後押ししてくれる未公開データは残っているのか?

f:id:hikarujinzai:20181103055845j:plain

 

◆次回の動画予告

youtu.be

 

◆合格点予想動画投稿!

youtu.be

 

 

2018年宅建士試験を受験したみなさんこんにちは!

いかがお過ごしですか?

合格ラインに翻弄される日々にもういい加減お疲れになられている頃ではないでしょうか?

何度も申し上げておりますが、宅建試験って本当にしんどい試験ですね。 

この宅建試験の合格発表までの胃が痛くなってしまいそうな期間のことを業界随一の熱血講師、LECの水野先生が昨年このように言及されています。

 

気になってもいいじゃない

にんげんだもの (みずの)

と言うことで気になる方は発表前の1ヶ月半

徹底的に気にしてみる。

これはある意味

宅建試験を楽しみ、味わい尽くす作法のような気がするのである。

 

★詳しくこちら

↓↓↓ 

2017年宅建試験お疲れさまでした!|水野健の宅建・合格魂!養成ブログ

 

これは私もまったく同感です。

こんなスリルのある経験はしたくてもできるものではありません。

経験者だけに言えることですが、このドキドキ感たっぷりのお祭りにたった7,000円の参加費(受験料)で参加できると思えば安いものです。

まさに今ボーダーライン上にいる方はそんな心境になれるはずないでしょうが、でもどうせなら水野先生が仰るように、希望を捨てず合格点近辺にいる人にしかできない貴重な体験を味わい尽くしてみませんか・・・?

 

そこで今日は11月に新たに公開される予定の、合格ラインを予測する上で無視できない未公開データをご紹介します。

言うまでもなく噂の「ユーキャンデータ」に勝るものはありませんが、それ以外でも未発表のデータが「易化で高騰する合格ライン」の流れを変えてくれはしないかと注目しています。

もしユーキャンデータが業界が震撼するような想像以上に低い平均点を発表すれば、合格ライン予想の流れは激変します。

当欄の本命・36点が主役に躍り出ることもあり得るのです。

 

現時点での巷での合格ラインの見通しは、

37点 順当(ひかるの対抗)

36点 小波乱(ひかるの本命)

38点 中波乱

35点以下&39点以上 大波乱(業界震撼)

といった感じでしょうか?

 

f:id:hikarujinzai:20181103050929j:plain

 

宅建士に名称変更して以来、受験生のレベルも上がったのか、合格ラインに要求されるデータが高くなってきていることは事実です。

そんなトレンドも踏まえつつ、未公開データをチェックしてください。

平成最後の宅建試験、果たして荒れるのか?順当な結末となるのか?

今後の未公開データ、未公開動画に大注目です!

 

▽11月3日現在未公開データ▽

 

 

 

ユーキャン平均点

「平均点の+3点〜4点が合格点となる」 

平成20年:サンプル数4228人 平均29.80点 合格点33点(平均点+3点) 

平成21年:サンプル数不明  平均30.40点 合格点33点(平均点+3点)

平成22年:サンプル数4000人 平均32.10点 合格点36点(平均点+4点) 

平成23年:サンプル数4330人 平均33.05点 合格点36点(平均点+3点)

平成24年:サンプル数3170人 平均29.77点 合格点33点(平均点+3点)

平成25年:サンプル数4417人 平均30.40点 合格点33点(平均点+3点)

平成26年:サンプル数3642人 平均29.10点 合格点32点(平均点+3点)

平成27年:サンプル数4644人 平均27.89点 合格点31点(平均点+3点) 

平成28年:サンプル数3928人 平均31.41点 合格点35点(平均点+4点)

平成29年:サンプル数3716人 平均30.61点 合格点35点(平均点+4点)

 

   

ユーキャン得点分布データ 

「得点分布47%以下で最も低い点数が合格点となる」

↪︎「宅建士以降40%前後への見直しが必要か?」

平成23年:合格点36点  4330人のうち36点以上は1883人(上位43.5%) 

平成24年:合格点33点  3170人のうち33点以上は1364人(上位43.0%)

平成25年:合格点33点  4417人のうち33点以上は2078人(上位47.0%)

平成26年:合格点32点  3642人のうち32点以上は1642人(上位45.1%)

平成27年:合格点31点 4644人のうち31点以上は1895人(上位40.8%)

(参考)46.9%の30点が法則に該当していたが、ギリギリ合格点とならず(不的中)

平成28年:合格点35点 3928人のうち35点以上は1605人(上位40.9%)

(参考)34点は上位47.3%で該当せず

平成29年:合格点35点 3716人のうち35点以上は1303人(上位35.1%) 

(参考)42.3%の34点が法則に該当していたが合格点とはならなかった(不的中) 

 

 

宅建情報ネット  

宅建情報ネット|無料自動採点サービス

母集団は少ないですが、注目データです。

「宅建士に名称変更後、算定値の+4~+5点が合格点となる」

※算定値=正答率から計算した得点の小数点以下を四捨五入

 

★科目別正答率

平成23年

「権利及び権利の変動」出題数14 65.1%

「法令上の制限」出題数8 58.4%

「宅地建物取引業法」出題数20 70.3%

「税・その他」出題数8 59.3%

平成24年 

「権利及び権利の変動」出題数14 56.9%

「法令上の制限」出題数8 61.2%

「宅地建物取引業法」出題数20 60.4%

「税・その他」出題数8 67.4%

平成25年

「権利及び権利の変動」出題数14 50.1%

「法令上の制限」出題数8 56.7%

「宅地建物取引業法」出題数20 72.9%

「税・その他」出題数8 57.8%

平成26年

「権利及び権利の変動」出題数14 52.1%

「法令上の制限」出題数8 57.8%

「宅地建物取引業法」出題数20 69.7%

「税・その他」出題数8 43.4%

平成27年

「権利及び権利の変動」出題数14 51.7%

「法令上の制限」出題数8 57.7%

「宅地建物取引業法」出題数20 61.2%

「税・その他」出題数8 72.2%

平成28年

「権利及び権利の変動」出題数14 60.5%

「法令上の制限」出題数8 71.4%

「宅地建物取引業法」出題数20 61.0%

「税・その他」出題数8 58.4%

平成29年

「権利及び権利の変動」出題数14 55.0%

「法令上の制限」出題数8 69.1%

「宅地建物取引業法」出題数20 63.4%

「税・その他」出題数8 45.5%

平成30年

「権利及び権利の変動」出題数 57.0%

「法令上の制限」出題数 72.2%

「宅地建物取引業法」出題数 75.7%

「税・その他」出題数 41.2% 

   

この科目別正答率データで実際に算定

平成23年 合格点36点 算定値 32.59⇨33(算定値+3点)

平成24年 合格点33点 算定値 30.33⇨30(算定値+3点)

平成25年 合格点33点 算定値 30.75⇨31(算定値+2点) 

平成26年 合格点32点 算定値 29.33⇨29(算定値+3点) 

平成27年 合格点31点 算定値 29.87⇨30(算定値+1点)

平成28年 合格点35点 算定値 31.05⇨31(算定値+4点)

平成29年 合格点35点 算定値 29.54⇨30(算定値+5点)

平成30年 算定値 32.19⇨32 推定点36・37点

  

 

宅建ゼミナール 

「予想合格ラインが過去12年間で10回的中」

実は宅建ゼミナールの予想って精度高いんです。

近年は予想点数も1点か2点に絞っていて信頼度MAXです。

今年は第一次予想が36点、37点となっています。

さらにこの予想は第二次、最終と計3回公開されます。

そして第二次以降は自信度も公開してくれるはずです。

 

★過去12年の的中実績

平成18年:予想35±1点 合格点34点 的中 

平成19年:予想36±1点 合格点35点 的中

平成20年:予想32±1点 合格点33点 的中

平成21年:予想35±1点 合格点33点 ✖

平成22年:予想35・36点 合格点36点 的中 

平成23年:予想36±1点 合格点36点 的中

平成24年:予想33・34点 合格点33点 的中

平成25年:予想33・34点 合格点33点 的中

平成26年:予想32点 合格点32点 的中

平成27年:予想31・32点 合格点31点 的中

平成28年:予想34・35点 合格点35点 的中

平成29年:予想点33・34点 合格点35点 ✖︎

平成30年:予想36・37点(第一次予想)

 

第二次予想 11月上旬公開予定

合格確率 37点(80%)・38点(20%)

 

最終予想 11月下旬公開予定!

合格確率 ??点(??%)・??点(??%

 

 

ひかる人財プロジェクトの動画(最終版)

ひかる人財プロジェクトは11月下旬(11月25日予定)に宅建試験合格ライン予想の最終版をYouTubeにて公開する予定です。

平成最後の宅建試験、波乱となるのか?順当に決まるのか?

人生が変わる合格発表超直前の最終決断となります。

ユーキャンを始めとする全てのデータを凝縮し、アドレナリン出しまくって「一点予想」を発表します。

  • 37点 順当
  • 36点 小波乱
  • 38点 中波乱
  • 35点・39点 大波乱

そんな中、

「36点と最後まで運命を共にできるのか?(そう願っております…)」

それとも、

「断腸の思いでより精度の高い予想に変更せざるを得ないのか?」

是非、チャンネル登録しておいてください。 

 

★動画第1弾投稿について

www.hikarujinzai.com

 

◆合格点予想動画(第1弾)

youtu.be

 

 

f:id:hikarujinzai:20181103050956j:plain

 

以上が、【平成最後の宅建試験2018は波乱か?順当か?】36点決着を後押ししてくれる未公開データは残っているのか?でした。

また新たな情報を入手次第、リアルタイムで一刻も早くシェア致しますので楽しみにしていてください。

最後まで諦めず、合格ライン高騰の潮目が変わるのを期待して待ちましょう!

 

  

★クリックしていただければ他の宅建士試験情報も見ることができます!

↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村


 

 

【参考】2018年度宅建士試験に関する記事

◎36点VS37点

www.hikarujinzai.com

 

◎36点の懸念事項

www.hikarujinzai.com

 

◎合格ライン予想動画公開とその補足 

www.hikarujinzai.com

 

◎今年の36点VS昨年の合格点35点

www.hikarujinzai.com

 

◎35・36・37をスクリーニング

www.hikarujinzai.com

 

◎マークシートが楽しくなるシャープペンシル 

ステッドラー 1.3mm シャープペンシル ホワイト 771-0

ステッドラー 1.3mm シャープペンシル ホワイト 771-0