ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 高校野球楽しみです...

【(((令和元年)))2019年司法書士試験】筆記試験の基準点・合格点予想・難易度・講評・総評・動画まとめ

f:id:hikarujinzai:20181114052136j:plain



 

 

★2019年7月19日 6:30現在

  

2019年度「令和最初」の司法書士試験(筆記試験)を受験した皆さんこんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?

筆記試験直後でさぞやお疲れになられていることでしょうが、資格スクールの解答速報を利用してもう自己採点はお済みでしょうか?

ご自身の得点を把握できましたか?

その結果として現時点での手応えはどんな感じになりましたでしょうか?

 

司法書士試験はご存知の通り相対評価の競争試験です。

そうなると必然的に試験の難易度が非常に気になってしまいます。

当たり前ですが試験の難易度が高く、かつ、自分の点数が高ければ競争に勝つことができるということになります。

そこで当記事は、各資格学校・講師の講評から2019年(令和元年)の司法書士試験の難易度に迫ります。

資格学校や講師の先生がホームページやブログ等で公表した講評をまとめます。

併せてそのブログ等のURLも貼っておきますので、是非詳しくご覧になってみてください。

 

筆記試験の合格発表まで長くて厳しい約3ヶ月間、お付き合いのほどよろしくお願いします。

ちょっとその前に解答速報・成績診断・基準点&合格点の予測もまとめていきますのでチェックしておいてください。

それではそろそろ始めます。

 

 

 

基準点&合格点の予測(予想)

◉西垣講師

午前 26〜27問

午後 22〜23問

 

◉アガルート

午前 25〜26問

午後 23〜24問

 

◉松本講師

午前 26点

午後 23点

 

◉三枝講師

午前 26点

午後 23点

 

◉森山講師

午前 26点

午後 23点

 

◉姫野講師

午前 25点

午後 24点

 

◉向田講師

午前 26点

午後 24点

 

◉田端講師

午前 26点

午後 24点

 

◉木村講師

午前 26点

午後 25点

 

 

講評・総評・動画

※詳しくは◉タイトル(若しくは直下のURL)をクリックしてください。

 

◉TACデータリサーチ(7月19日)

午前 332名 74.7点

午後 331名 64.6点

 

◉TACデータリサーチ(7月18日)

午前 329名 74.7点

午後 328名 64.5点

 

◉LEC得点分布

f:id:hikarujinzai:20190717061433p:plain

f:id:hikarujinzai:20190717061454p:plain

 

◉LEC成績診断(7月16日)

総合 713名 135.5点

午前 713名 72.9点

午後 713名 62.6点

 

◉TACデータリサーチ(7月17日)

午前 325名 74.7点

午後 324名 64.5点

 

◉TACデータリサーチ(7月16日)

午前 322名 74.7点

午後 320名 64.4点

 

◉TACデータリサーチ(7月15日)

午前 302名 75.0点

午後 301名 65.0点

 

◉TACデータリサーチ(7月14日)

午前 293名 75.1点

午後 292名 65.2点

 

◉TACデータリサーチ(7月13日)

午前 281名 74.9点

午後 279名 65.5点

 

◉TACデータリサーチ(7月12日)

午前 266名 75.5点

午後 264名 65.8点

 

◉西垣講師

 さて、話は変わりますが、数年前から、8月に択一の基準点が発表されるようになっています。

 

 受験案内にも記載がありますが、今年は、8月13日(火)の午後4時の予定となっています。

 

 今年は午後の択一が難しかったので、午後の択一の基準点が下がるような気もしますがどうでしょうか。

 

◉TAC解答速報会

youtu.be

 

◉木村講師

思ったより、午後の点に、開きが

あるようです。

このデータからすると、午後の基準点は、

24位になるかもしれません。

 

◉TACデータリサーチ(7月11日)

午前 237名 75.5点

午後 235名 65.8点

 

◉TACデータリサーチ(7月10日)

午前 202名 74.8点

午後 201名 64.0点

 

◉TACデータリサーチ(7月9日)

午前 157名 73.6点

午後 156名 62.8点

 

◉木村講師

https://ameblo.jp/espresso16/entry-12491502703.html

私も先程、問題を解き、全体の

分析をし終わりました。

直前に行った木村ゼミ予想講義で取り上げた論点が、

かなりを占めていたので、かなりの期待をしています。

とは言え、基準点は、さほど伸びないと思います。

午前26、午後25位ではないでしょうか。

 

◉山本講師

https://plaza.rakuten.co.jp/yamamotokoji/diary/201907070000/

本試験お疲れ様でした。

択一についておおざっぱな感想を記載しておきます。

 

午前の部は例年並みの難易度だと思います。

しかし、午後の部は、受験生には些末に過ぎて難解に感じる問題が多かったように思います。

 

◉向田講師

あと、

私、工場抵当のところで話したソーラーの件、

ちょっと訂正です(^^;)

厳密に言うと、ソーラーパネルを工場「財団」として、担保をつけます。

工場抵当と言ってしまっていますね。

姫野先生が助け舟を出してくれていました(^^ゞ

 

工場(財団)抵当は、事務所でやるときも凄い調べてやりますし、

正直、登◯官もあまり分かってなかったり。

 

いずれにしても難易度高すぎな問題です。

 

◉田端講師

youtu.be

 

◉三枝講師

2019年7月9日です。今年の司法書士試験筆記試験が終わりました。

昨日のyoutubeライブ配信では,構成の都合上,基準点の予想をしましたけども,当方はまったく興味がありません。

どれほどの意味があるのか分からないからです。

 

◉松本講師

2019年度(令和元年度)の予想基準点

午前択一:26問(*)

午後択一:23問

記述  :予想できません

 

◉山本講師

本試験お疲れ様でした。

択一についておおざっぱな感想を記載しておきます。

 

午前の部は例年並みの難易度だと思います。

しかし、午後の部は、受験生には些末に過ぎて難解に感じる問題が多かったように思います。

 

よく吟味された良問もあるのですが、午後の部は、試験当局が、受験生に十分な解答時間を与えないという構造的な欠陥がありますので、平均点は下がってくると思います。

 

◉西垣講師

現時点の個人的な感覚としては、午前が去年と同じ26問、場

合によっては27問。

 

 午後は22問か23問くらいじゃないでしょうか。

 

 去年よりは午後の択一は下がるでしょうね。たぶん。

 

◉講師が深夜まで徹底生討論

youtu.be

 

◉アガルート(午後の部講評)

youtu.be

 

◉アガルート(午前の部講評)

youtu.be

  

 

 

 

司法書士とは

  • 司法試験についで有名(難関)な法律資格で様々な登記作業を代行する法律のエキスパート
  • 独立開業ができる資格としては不動の地位を誇り、試験の難易度の高さがそのことを担保する
  • 法科大学院で司法試験不合格組の受け皿として使われさらに難化
  • 土地や建物、会社などの登記や法務部を持たない企業の法務アドバイス等が主たる業務
  • 登記や供託に関する契約の法的評価や手続きを代行し裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作成
  • 一回で合格する人でも1年半程度、平均で3〜4回、多い人は6〜7回チャレンジする人もザラ
  • 基本的には資格予備校に通うのが一般的でおおよそ費用は50万円
  • 企業の法務部に勤務すれば評価はピカイチだが独立開業が一般的
  • 近年の高齢化社会においては成年後見へのニーズも高まる
  • 特需だった過払い請求案件の期限が迫り新規参入は年々難しくはなってきている

 

 

司法書士試験合格率・基準点・合格点 

【合格率(対受験者数)】

平成21年 2.83%

平成22年 2.86%

平成23年 2.81%

平成24年 2.85%

平成25年 2.91%

平成26年 3.09%

平成27年 3.25%

平成28年 3.24%

平成29年 3.34%

平成30年 3.51%

 

【基準点】

午前の部・午後の部にそれぞれ基準点があり、その得点に達しないものはその時点で不合格となる

※左から午前の部の択一式、午後の部の択一式、午後の部の記述式の順

平成21年 87点 75点 41.0点

平成22年 81点 75点 37.5点

平成23年 78点 72点 39.5点

平成24年 84点 78点 38.0点

平成25年 84点 81点 39.0点

平成26年 78点 72点 37.5点

平成27年 90点 72点 36.5点

平成28年 75点 72点 30.5点

平成29年 75点 72点 34.0点

平成30年 78点 72点 37.0点

 

【合格点】

基準点をクリアするだけではなく、総合的に相対評価で合格判定される

平成21年 221.0点

平成22年 212.5点

平成23年 207.5点

平成24年 215.0点

平成25年 221.5点

平成26年 207.0点

平成27年 218.0点

平成28年 200.5点

平成29年 207.0点

平成30年 212.5点

 

  

おすすめ司法書士試験ブログ

色々と役に立つ情報を発信してくれていますのでチェックしておきましょう!

◉司法書士試験ーブログ村

司法書士試験 - 資格ブログ村

 

◉三枝りょう先生(資格スクエア)

司法書士講師・三枝りょうのブログ

 

◉森山和正先生(LEC)

Vector Magic~虹の架け橋~

 

◉西垣哲也先生(Wセミナー)

 「日進月歩」 ~司法書士試験合格への道標~:So-netブログ

 

◉山本浩司先生(Wセミナー)

山本浩司の雑談室2 - 楽天ブログ

 

◉朝倉日出男先生(辰巳)

司法書士試験 ライジングサン

 

◉松本雅典先生(辰巳)

http://sihousyosisikenn.jp/

 

◉向田恭平先生

司法書士講師向田恭平の「勇往邁進」

 

◉2ちゃんねる勢いランキング

2ちゃんねる勢いランキング 司法書士試験の検索結果