ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き 高校野球楽しみです...

【宅建合格ラインが35・36・37で決まる条件は?】TAC・LECに登録しなかった層のレベルは高かった?低かった?

 

f:id:hikarujinzai:20191123140741j:plain

2019宅建試験を受験したみなさんこんにちは!

いかがお過ごしですか?

不動産業界・秋の風物詩「宅建試験祭り」もそろそろファイナルが見えてきました。

今年の宅建祭りは『35点・36点・37点』が合格点の候補となっています。

果たしてこの3つの中から大方の予想通り合格点が出るのでしょうか?

今年のトピックスをまとめると…

  • 受験者数が民法大改正を控えまた増えた
  • 受験者数が近年では最高水準に達した
  • それに伴い「合格率」と「合格者数」はどうなるのか読み辛い
  • 駆け込み受験となった層のレベルが読み辛い
  • 近4年15%台の合格率で推移している
  • 昨年よりは確実に難化しているという声が聞かれる
  • TACやLECの登録者数が減っている
  • TACやLECに登録する層と登録しない層のレベルが近づいてきている
  • LECの得点分布において昨年ほど高得点者数は多くない
  • ユーキャンが採点サービスのデータを公開しなかった
  • 水野講師・みやざき講師・吉野講師の予想が3人揃って「35・36」

 

宅建試験はまさにドラマです。

過去何度も予想合格ラインを覆すどんでん返しが起こっています。

「35点」で決まったとしても…

「36点」で決まったとしても…

「37点」で決まったとしても…

悲喜交々のドラマが生まれそうです。

ちなみに当ブログでは先日苦渋の決断で一点予想しました。

 

◆最終決断「一点」予想動画! 


【最終見解です!宅建試験データ検証】TACとLECのデータを駆使して合格ラインに迫りました!!!

 

無難に「36点」で決まれば動画でご説明した通りになる訳ですが、

前提条件として、

「スクールに復元解答を登録しなかった層のレベルが例年に比べ高かったのか?低かったのか?」

また、

「合格率がどれくらいになるのか?14%台や18%台はあるのか?」

これらの前提条件によって合格ラインは微妙に動きそうです。

ちなみに過去17年間の合格率のレンジは、15.2%〜17.9%となっています。

ざっくり言うと宅建試験の合格率は15%以上〜18%未満に収まっています。

 

この前提条件の組み合わせで合格率を読むと・・・

・登録しなかった層の出来が良い(レベルが高い)

・合格率:おそらく15%未満寄り

▶︎37点

 

・登録しなかった層の出来が例年通り(レベルが例年並み)

・合格率:おそらく15%以上〜18%未満

▶︎36点

 

・登録しなかった層の出来が悪い(レベルが低い)

・合格率:おそらく18%超寄り

▶︎35点

 

こんな感じになりそうです。

  • 「37点」で決まればおそらく合格率は15%未満寄りになると予測されます。
  • 「35点」で決まればおそらく合格率は18%超寄りになると予測されます。
  • 「37点」で14%台以下、「35点」で18%台以上になれば「36点」で決まる可能性が高いと予測されます。

どのパターンになってもドラマチックな結末となることは間違いありません。

合格発表直前にそんなゾクゾクするような胸騒ぎを感じつつ、合格ラインを予想するデータの中で近年連続して的中しているものをもう一度ピックアップしてみます。

結果次第で的中記録が続くデータもあれば、今年で記録が途切れてしまうデータもあるでしょう。

そんなデータの数々を「荒れそうな予感」とともに改めて眺めてみてください。

 

 

 

 

スクール・講師陣の2019合格ライン予想

f:id:hikarujinzai:20191111134902p:plain

※当ブログの予想含め11月11日現在の一覧です。

 

 

TAC・LECの平均点 

【TAC】

宅地建物取引士データリサーチ 総合診断

登録人数 

518人>855人>1002人>1085人>1142人>1187人>1220人

>1241人>1272人>1298人>1312人>1342人>1368人>1383人

>1391人>1401人>1409人>1413人>1418人>1424人>1431人

>1438人

 

平均点

36.2>35.8>36.1>36.0>36.0>36.0>36.0

>36.0>36.0>35.9>35.8>35.8>35.8>35.7

>35.7>35.7>35.7>35.7>35.7>35.7>35.7

>35.7

 

【LEC】

2019年度宅建本試験無料成績診断

登録人数 2193人

平均点 35.6点

11月2日現在

登録人数 2748人

平均点 35.3点 

 

※宅建試験の強い味方!ユーキャンについてはこちら

↓↓↓

 

 

続くのか?途切れるのか?合格ライン予想データ

※客観性を担保するために「宅建情報.com」様を参考にさせていただきました。

  

(1)過去7年、予想合格ライン最上位(今年は37)以上は合格ラインとならない

合格点:36点以下

  

 

(2)過去7年、予想合格ライン最下位(今年は34)未満は合格ラインとならない

合格点:34点以上

 

 

(3)過去10年の実際の合格者数の幅

合格者数:28311人~34918人

 

 

(4)過去10年の実際の合格率の幅

合格率:15.2%~17.9%

 

 

(5)TACのサンプルデータ平均点マイナス1~2点、±0点

合格点:34点・35点・36点

f:id:hikarujinzai:20191029125133p:plain

 

 

(6)LECのサンプルデータ平均点±1点

合格点:34点・35点・36点

f:id:hikarujinzai:20191122192955p:plain

 

 

(7)LECの得点分布(55.7~64.0)と偏差値(50.0~51.7)

※今年のデータ

f:id:hikarujinzai:20191122194210p:plain

<2018>

得点分布 56.9%

偏差値 51.6

<2017>

得点分布 55.7%

偏差値 51.7

<2016>

得点分布 64.0%

偏差値 50.0

 

 

(8)9年連続的中のTACの予想

合格点:35点・36点・37点

 

 

(9)9年連続的中の日建学院の予想

合格点:35点・36点・37点

 

 

(10)9年連続的中の宮嵜講師の予想

合格点:35点・36点

 

 

(11)8年連続的中している駿台法律経済&ビジネス専門学校

合格点:35点・36点・37点

 

 

(12)過去6年で一点予想で4回も的中している保坂講師の予想

合格点:36点

  

f:id:hikarujinzai:20181114052136j:plain

 

 

 

以上が、でした。

受験生のみなさん、ここまで本当にお疲れ様でした。

この段階まで来るともう言葉も見当たりませんが、もう少しだけ運を天に任せて合格発表をお待ちください。

みなさんの幸運を心よりお祈りしております。 

 

★クリックしていただければ他の宅建士試験情報を見ることができます!

↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 

 

来年リベンジする方向けの記事

◎1番読まれている記事

↓↓↓

www.hikarujinzai.com

 

◎2番人気

↓↓↓ 

www.hikarujinzai.com

 

◎3番人気

↓↓↓ 

www.hikarujinzai.com

 

 

 

 

 

関連記事

◎資格試験土壇場でのコツ 

www.hikarujinzai.com

 

 ◎短期間で取れる資格

www.hikarujinzai.com

 

 ◎不動産御三家資格トリプルクラウン 

www.hikarujinzai.com

 

 ◎朝型勉強法のすすめ

www.hikarujinzai.com

 

◎資格試験に合格する人・落ちる人

www.hikarujinzai.com

  

◎マークシートが楽しくなるシャープペン 

↓↓↓

ステッドラー 1.3mm シャープペンシル ホワイト 771-0

ステッドラー 1.3mm シャープペンシル ホワイト 771-0